ピクシブ百科事典

西宮結絃

にしみやゆづる

漫画『[[聲の形]]』の登場人物の一人。
目次[非表示]

CV:悠木碧

概要

小学生編

祖母聴覚障害を持つの4人家族。
とのコミュニケーションのため手話を習得している。
聴覚障害を理由に悪質な嫌がらせ(補聴器を川に投げ入れられる等)を受けており、自身も「“ミミナシ”の妹」として嫌がらせ(石を投げつけられる等)を受けていた。

やがて、姉に関わる様々な出来事がきっかけとなり
「髪をショートカットにする」「一人称を“オレ”にする」「男っぽい口調にする」など、
『姉を守る』ための工夫をするようになっていった。


高校生編

かつてを傷つけた内の一人であり、あの“言葉”を言わせた張本人であるはずのが姉のもとにやって来る。
「色恋づいて近づいて来やがった」と判断した結弦は、
石田に対して「自分が硝子の彼氏だ」と伝えるなどして、石田を追い返そうとしていた。

しかし、「姉を傷付けた石田への報復」として行ったとある出来事がきっかけで
姉と喧嘩してしまい、そのまま家を飛び出してしまう。

姉とは3歳違いであり、石田が高3の段階で中学3年生だが不登校かつ不勉強のため、非常に成績は悪い。しかし、終盤石田に勉強を教わるようになり、植野や佐原の通う太陽女子学園に進学した。

カメラの腕に長けている。佐原みよこがモデルとして出演したファッションショーで佐原を撮影したことも。

口は悪いが人情家であり、石田と姉の仲を取り持とうとしたりもする。

作者の大今良時氏の話では作中1番の美女とのこと。

名前について

漢字変換で、「結弦」と表記されることが多いが、これは誤りであり、正しくは「結絃」。
名前の二文字目が、弓の「弦」ではなく楽器の「絃」。
『公式ファンブック』によると「聞こえる者と聞こえない者との”こえ”を伝える役割として意識して付けた」とのこと。


関連イラスト

無題
にしみやゆづる


ねぇちゃんならまだ来てないよ



関連タグ

聲の形 石田将也 西宮硝子 西宮いと
永束友宏 佐原みよこ 植野直花 真柴智

pixivに投稿された作品 pixivで「西宮結絃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 746347

コメント