ピクシブ百科事典

西鉄7000形

にしてつななせんがた

西日本鉄道が保有・運用している通勤形車両。ここでは派生系列の7050形についても解説。
目次[非表示]

西鉄7000・7050形

2000年に登場した天神大牟田線甘木線用の通勤形電車。
本系列の増備により旧型の1000形の代替が行われたほか、甘木線主体で使われていた600形宮地岳線(現:貝塚線)へ転属。600形で行われていたワンマン運転の取り扱いは本系列に引き継がれることになったほか、ワンマン運転区間が(天神大牟田線を通して)甘木~大牟田間へ拡大された。

  • 7000形6000・6050形に引き続き、4ドア車として2両編成11本が製造された。座席は扉間が6人で車端部は3人。
  • 7050形:2003年に登場したグループ。4ドア車である必要性が無くなり3ドア車へ変更。2両編成9本が製造された。扉間は10人で車端部が5人。


先頭部は5000形・6000形からデザインを一新。左右対称の前面窓の部分は両端とも曲線窓を採用し、周辺で黒縁で構成されている。前照灯と尾灯は一体型のランプになった(2010年代に前頭部ライト周りをステンレス枠で補強)。
ワンマン運転対応だが、西鉄では乗車駅証明書は駅に備え付けられ、下車時には運転士が携帯型運賃箱で運賃と乗車券を回収する方式を採用しているため、整理券発券器・運賃箱・運賃表示器は設置されていない。
  • 運用区間は狭軌路線の貝塚線を除く、標準軌が採用されている天神大牟田線系統。優等列車に用いられることは滅多になく、普通列車主体で使われる。7000形・7050形は基本共通運用だが、(7000形+7050形という)ドア数の違う編成同士の連結は行わない。
  • 6000形・6050形との併結が可能だが、併結・営業運転は定期列車では組まれていない。
  • 甘木線系統のワンマン・普通列車は原則本系列を使用。運転台側と連結面側のドアでしか客扱いを行わず(他のドアは締切)、旅客案内では「2ドア車・2両」と案内される。


編成表

7000形

←大牟田
  • 福岡天神→
  • 大宰府
  • 甘木
形式モ7100ク7500備考
MT構成McTc
第1編成71017501
第2編成71027502
第3編成71037503
第4編成71047504
第5編成71057505
第6編成71067506
第7編成71077507
第8編成71087508
第9編成71097509
第10編成71107510
第11編成71117511


7050形

←大牟田
  • 福岡天神→
  • 大宰府
  • 甘木
形式モ7150ク7550備考
MT構成McTc
第1編成71517551
第2編成71527552
第3編成71537553
第4編成71547554
第5編成71557555
第6編成71567556
第7編成71577557
第8編成71587558
第9編成71597559


関連項目

西日本鉄道
西鉄600形 600形
西鉄2000形 2000形
西鉄3000形 3000形
西鉄5000形 5000形
西鉄6000形 6000形
西鉄8000形 8000形
西鉄9000形 9000形

関連記事

親記事

西日本鉄道 にしにっぽんてつどう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「西鉄7000形」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 0

コメント