ピクシブ百科事典

赦生童子

しゃしょうどうじ

台湾の人形劇「霹靂布袋戲」シリーズの登場人物。
目次[非表示]

「力があるこそ、変化を阻止できる。」

概要

霹靂布袋戲」シリーズの登場人物。

異度魔界の先鋒魔将の一人、狼煙戟を武器とする。その目隠しには特別な封印が施されている。巨大な雷狼獣に乗って出現し、雷狼獣とともに異度魔界へとつなぐ赦生道を守っている。狼煙戟を振るう瞬間、稲妻の閃光が走り、終わりなき殺戮を意味する。

プロフィール

性別
初登場霹靂兵燹之刀戟戡魔錄 第6集
退場霹靂兵燹之刀戟戡魔錄II 第25集
根拠地赦生道、火焰魔城
身分赦生道の番人
組織異度魔界
家族九禍(母)、銀鍠朱武(父)、螣邪郎(兄)
師匠襲滅天來
上司閻魔旱魃
同僚元禍天荒、別見狂華、吞佛童子
武器狼煙戟
ペット雷狼獣


人物

赦生道を守る先鋒魔将、雷の技に長じる。冷静沈着で向上心がある真面目な性格。

彼が守る「赦生道」は元々「殺生道」という名前だった。
「赦生」は「生をゆるす」という意味で、「殺生」とは真逆の意味を持つ対義語である。

赦生童子は師匠である襲滅天來の教えで、「殺僧取業」という修行で自身の限界を突破しようとする。彼は目隠しの封印で視力と会話、加えて魔力の一部を封じた。この状態では仏門の僧侶しか殺せず、仏門の霊気で魔性を刺激することで、気力は徐々に下がっていく。代わりに修行が成功したら、魔力は爆発的に向上する。

そのため、初期の赦生童子は話すことができず、同僚とのやり取りは武器やテレパシーで行った。

僧侶を殺していくうちに、赦生童子の修行は遂に成功を果たし、目隠しの封印を解き放った。彼の魔力は見事限界を突破でき、髪色も赤に変化した。目隠しを外した容貌こそ彼の真の姿である。

関連イラスト

赦生童子
《赦生童子》



関連タグ

異度魔界
螣邪郎 吞佛童子

霹靂布袋戲

関連リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「赦生童子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1153

コメント