ピクシブ百科事典

吞佛童子

どんぶつどうじ

台湾の人形劇「霹靂布袋戲」シリーズの登場人物。
目次[非表示]

概要

異度魔界戦神。魔界の道を開いた知勇兼備な先鋒魔将。性格は冷酷無情でずる賢く、目的を達成するために手段は選ばない。反面、異度魔界への忠誠心は非常に強く、そのため魔君たちに深く信頼されている。

苦境から異度魔界へと繋がる三つの封印を解けた張本人。
魔界赦道を開く任務を見事達成したと同時に、異度魔界は苦境征伐の第一歩を踏み出す。

その後仏教高僧の一步蓮華に捕らわれ、心も意志も知らぬ間に感化されていく……。

※中国語表記は「吞佛童子」で、日本語表記の「呑佛童子」とは違う字として判定されるので要注意。
ピクシブでは両方のタグともイラストが投稿されている。

プロフィール

性別
初登場霹靂劍蹤 第21集
根拠地火焰魔城
身份異度魔界の先鋒戦神
化身一劍封禪
組織異度魔界
師匠襲滅天來
上司閻魔旱魃、九禍、銀鍠朱武
同僚赦生童子螣邪郎、玉蟾宮、銀鍠黥武、月漩渦など
その他朱厭劍靈(武器の朱厭より変化)、一步蓮華
武器殺誡、朱厭、魔之劍


朱厭について

朱厭(しゅえん)は吞佛童子が持つ魔剣である。異度魔界随一の刀鍛冶・補劍缺によって作られた。
属性は炎で、赤と白の色調が交錯しており、二つの形態を持つ。
「剣」とされるが、劍雪無名のが持つ頃は曲刀の形をしていた。
吞佛童子の手元にいる時はグレイブの形に変化し、柄の部分には御幣が飾っている。

朱厭の中には剣霊が潜んでおり、持ち主の性格によって剣の形を変化できる。
その剣霊も実体化ができ、「霹靂皇龍紀」以降は二人の共闘が見られる。

人物

かつては高僧の一蓮托生の聖剣「殺誡」によって魔性を抑えられ、内なる優しい人格「一劍封禪」を引きずり出した。

初登場は北域伝説の二大剣客の一人、一劍封禪として現れ、聖剣「殺誡」を武器とした。しかし聖剣が血を染めていくうちに、魔性はついに抑えられなくなり、元の吞佛童子の人格に戻ってしまう。

「吞佛」という名の通り、仏を滅ぼす存在である。異度魔界の封印はすべて仏教聖地にあり、彼は多くの僧侶を殺し、魔界の封印を解き放った。
※「呑」は飲み物をのむ以外にも、侵略する、滅ぼすなどの意味がある。

冰風嶺を根拠地とし、氷と風の技を繰り出す一劍封禪に対し、吞佛童子は火焰魔城を根拠地とし、武学も主に紅蓮の炎を使いこなす。同一人物ながら、両者は性格のみならず、いろんなところまで真逆な存在である。

封禪&吞佛


左:一劍封禪

関連イラスト

魔界戦神
呑佛童子



関連タグ

襲滅天來 赦生童子 螣邪郎
異度魔界

霹靂布袋戲 霹靂布袋戲の登場人物

名前繋がり
酒呑童子

関連リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「吞佛童子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3069

コメント