ピクシブ百科事典

CV:大橋彩香

人物

今作におけるヒロインの一人。讃岐造麿とその妻・媼の元で娘として育てられている女性で、その清楚で類まれなる美貌から多くの都の貴公子たちに求婚されている。
しかし、自身に求婚した貴公子のうち5人がホラーに襲われ変死したため、雷哮たちに救いを求めた。
一連の事件の犯人は、彼女を金づるとして利用しようとする讃岐造麿と媼が憑依されたホラー、鎌鼬山姥であり、両者が倒されると月から呼び戻され月へ帰っていった。

終盤、黒星明と紅蓮の月の出現に伴い再登場。その正体は、古の時代に争いをもたらしたというホラー、嶐鑼を封印するために、安部家の魔戒法師の先祖によって作り出された人間型の魔道具であり、嶐鑼を紅蓮の月へと封印していた。
嶐鑼を封印するための十二の呪文を授けられており、時折口にする意味深な言葉はすべて封印の呪文であった。

嶐鑼との決戦時、封印の呪文のうち二つを欠落してしまい思い出せずにいたが、死の間際の星明が番犬所に光宮にある封印の呪文が書かれた書物の盗難を依頼し、それを藤原保輔が成し遂げたために全ての呪文を思い出し、嶐鑼を再封印。自身もまた紅蓮の月へと帰った。

関連項目

紅蓮ノ月 かぐや姫

関連記事

親記事

紅蓮ノ月 ぐれんのつき

兄弟記事

コメント