ピクシブ百科事典

走者の休日

そうしゃのきゅうじつ

『走者の休日』とは、『超こち亀』に掲載された『こちら葛飾区亀有公園前派出所』と『ゴルゴ13』 のコラボレーション漫画である。
目次[非表示]

概要

1976年から週刊少年ジャンプでの連載を開始し、2006年に30周年を迎えた『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(以下『こち亀』)と、1968年より連載されている『ゴルゴ13』の13ページのコラボレーション漫画である。

『こち亀』側では、ゴルゴ13のパロディキャラとして、後流悟十三ボルボ西郷が登場している。
また、『ゴルゴ13』原作者のさいとう・たかをは、『こち亀』単行本50巻の巻末にコメントを寄せている。

ストーリー

フランスの避暑地に休暇にやってきた両津勘吉中川圭一
空港でアタッシュケースを受け取ろうとした両津の前に長身の男が現れ、両津の鞄を持っていってしまう。
その直後に現れた同じアタッシュケースの中身を見ると、なんと本物の銃が入っていた。
先ほどの長身の男は、A級スナイパー・ゴルゴ13ことデューク東郷だったのである。

登場人物

  • 両津勘吉

中川と共にフランスに休暇にやってきたが、エロ本が入ったアタッシュケースをデューク東郷に持っていかれてしまう。
取り戻そうとするも、最終的には持っていかれてしまう。

  • 中川圭一
両津と一緒に動き、タクシーやヘリコプターを手配した。

  • 秋本麗子
母の故国であるフランスに一足早く休暇に来ていた。

  • 大原大次郎
ラストの1コマのみに登場。デューク東郷の愛銃をオークションに出した両津に、「一度撃たれた方がいい」と言った。

  • デューク東郷
「ゴルゴ13」のコードネームでも知られるA級スナイパー。
両津と空港で出会った時には、体育教師と間違われた。

関連タグ

こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)
ゴルゴ13

コメント