ピクシブ百科事典

車持皇子

くらもちのみこ

車持皇子(くらもちのみこ)は、『竹取物語』に登場する5人の貴公子のひとり。「庫持皇子」とも表す。
目次[非表示]

概要

車持皇子(くらもちのみこ)は、『竹取物語』に登場する5人の貴公子のひとり。「庫持皇子」とも表す。

表記

最古の写本である伝後光厳天皇宸筆断簡、流布本共に「くらもちのみこ」。他、古本に「くらもりの御こ」など。

系譜

不明。天皇家にこのような名前の皇子はいないため、架空の人物と思われる。ただし、5人の貴公子のうち3人までが実在のため、車持皇子も歴史に埋もれている実在人物か、または既知の実在人物の別名の可能性がある。

モデル

江戸時代の国学者加納諸平は元明朝の右大臣藤原不比等を挙げている(不比等の母は車持氏)。不比等は皇子ではないが、天智天皇の落胤との説もあり、むしろ平安時代にはその説が優勢であった。

経歴

『竹取物語』では、かぐや姫から自分と結婚する条件として、東方海上にあるという「蓬莱の玉の枝」を取ってくるようにいわれるが、彼は出航せず、綾部内麻呂ら職人たちにそれらしきものを作らせ、帰航を偽装してこれをかぐや姫に献上した。

竹取翁は本物だと思い込み、寝床の支度まで始めるが、職人たちが玉作りの報酬をもらっていないと訴え出たために偽物と判明、かぐや姫はただちにこれを返品し、職人たちには褒美を与えた。車持皇子は職人たちを逆恨みし、血が出るほどお仕置きしたという。

東方永夜抄との関係

永夜抄のストーリーは竹取物語が元ネタとなっており、蓬莱山輝夜はかぐや姫が元です。対して藤原妹紅は車持皇子の娘という設定になっています。

竹取物語中で車持皇子が恥をかいた後、かぐやは育ての親である翁に「不死の薬」を託して月へ帰ろうとしますが、永夜抄の設定ではこのとき月の使者の一人であった八意永琳と共謀し密かに脱出、地上に隠れ住むことになります。
一方妹紅は、父親の雪辱の為に何か輝夜に嫌がらせをしてやろうと考えていましたが、輝夜は月へ帰ってしまったという噂。
その時翁は「かぐやがいないのでは不死になっても意味がない」として「不死の薬(=蓬莱の薬)」を富士山の頂上で焼き捨てさせようとしていました。妹紅はこれを強奪しようとしたのです。
結果として強奪は成功、その薬を飲んだ妹紅は不老不死となったのです。

また、永夜抄の設定において蓬莱の薬を作ったのは八意永琳であり、そもそも輝夜はそれを服用したことで地上へ「追放」されています。
その責任を感じていた永琳は、自らも蓬莱の薬を服用して、輝夜と共に地上に隠れ住むことにしたのです。

それからおよそ900年後、幻想郷に辿り着き輝夜と再会した妹紅は、お互い不死であることから大昔の恨みを晴らすべく殺し合いを始めたのです。

関連タグ

竹取物語

竹取物語 藤原不比等

東方永夜抄

東方永夜抄 蓬莱山輝夜 藤原妹紅 八意永琳

表記揺れ

倉持皇子

pixivに投稿された作品 pixivで「車持皇子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 222

コメント