ピクシブ百科事典

火鼠の衣

ひねずみのころも

古典文学『竹取物語』に登場したアイテム。 燃え盛る火の中に放り込んでも決して燃えないという、『火鼠』という幻獣の毛皮で出来た衣。 かぐや姫が五人の貴公子に結婚の条件として出した難題のひとつ。 また、高橋留美子の漫画『犬夜叉』にもほぼ同一のものが登場する。
目次[非表示]

火鼠の衣とは、古典文学『竹取物語』に登場するアイテムである。

概要

 竹取物語において、かぐや姫が五人の貴公子の一人である"左大臣阿部"に要求した難題。
 火鼠という幻獣毛皮で作られたで、火の中に入れても決して燃えず、元の姿のままでいられるという不思議な衣である。
 劇中においては、右大臣阿部は大枚をはたいての商人からこれを手に入れるが、本物であることを証明するために火の中に入れられるとあっという間に燃え消えたため、偽物と判断された。

 なお、西洋には類似品として"サラマンダーの抜け殻"が存在する。

犬夜叉』における「火鼠の衣」

 犬夜叉の着ている赤い水干が「火鼠の衣」と明言されている。
 犬夜叉の母・十六夜の形見で、犬夜叉の妖力を吸うことで鉄の鎧に匹敵する防御力を発揮する万能防具。
 ただし、犬夜叉がの日で人間状態である場合は、犬夜叉自身に妖力が無いため、ただの真っ赤な衣となってしまう。

難題「火鼠の皮衣-焦れぬ心-」

 東方Projectシリーズの作品『東方永夜抄』のキャラクター蓬莱山輝夜スペルカードの元ネタでもある。

関連タグ

竹取物語 かぐや姫
犬夜叉
東方Project 蓬莱山輝夜 スペルカード

pixivに投稿された作品 pixivで「火鼠の衣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 117622

コメント