ピクシブ百科事典

逆さ富士

さかさふじ

湖に富士山が上下反転してきれいに映りこむこと
目次[非表示]

概要

逆さ富士とは、富士山が上下反転してきれいに移りこむことである。湖面での風が非常に弱い状態の時見られる。古来から美しい景色とされ、葛飾北斎の『富嶽三十六景』に描かれたり、現千円札やひとつ前の五千円札のデザインに採用されたりしている。
ダイヤモンド富士が逆さ富士として映りこむ現象をダブルダイヤモンド富士と呼ぶ。なお、日の出時に好条件になるのは珍しいため、観測するのは非常に難しい。

別名・表記ゆれ

逆富士:古風な綴り

関連タグ

富士山 水面 反射

関連記事

親記事

富士山 ふじさん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「逆さ富士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 725

コメント