ピクシブ百科事典

雷オトン

らいおとん

雷オトンとは、『妖怪ウォッチ』に登場するキャラクター(妖怪)である(メイン画像左側)。
目次[非表示]

「バッカモーン!!」

概要

CV:宮澤正

No196
種族ポカポカ
ランクA
スキルスパルタ(この妖怪がいるだけで味方がさぼりにくくなる)
好物寿司
こうげき正拳づき
ようじゅつ雷神の術
必殺技おやじの雷ロック(あらぶる心で雷を呼び寄せ敵全体におみまいする)
とりつくオトンのせいえん(とりつかれた妖怪はオトンの力強いせいえんを受けて、ちからがアップする)

どんなにぐうたらな奴でも雷オトンの前ではキビキビ働く。怒った時に落とす雷がおそろしいのだ。(妖怪大辞典より)

色違いに絶オジイ(雷オトンも恐れる、絶対的な力を持つ妖怪)がいる。

アニメ

初登場は第86話。
妻の聖オカン、息子のヒライ神と共に天野家に現れた。彼自身はケータの母に取り憑き、些細な事で怒り雷を落とす雷オヤジ(母だけど)化させた。
そうしてヒライ神に取り憑かれたケータ、聖オカンに取り憑かれたケータの父が揃い、ケータが母親を怒らせ、母親が雷を落とし、父親が怒り狂う母親を宥め大人しくさせるという、親子のゴールデントライアングル(byウィスパー)が成立した。

96話の『妖怪オッタマゲーター』で再登場を果たし、ケータから雷を落とすよう頼まれた。
その後すぐにジバニャンが「いいから早くニャン!」と言ったが、それが偉そうな発言だったのか、
「それが…人に物を頼む態度か!?バッカモォォォォォン!!」
と、ケータ・ウィスパー・ジバニャンもろともオッタマゲーターに雷を落としたが、効果はなかった。

99話の『妖怪せいでん鬼』では、せいでん鬼と言う甥っ子がいて、修行中の彼を応援していてた。

ちゃお版

オールカラーコミックス描き下ろしのみ登場。
イケメンコンテストに乱入し聖オカンのプリンを勝手に食べてしまったことを謝り、愛の言葉で聖オカンから100点をもらった。

関連タグ

妖怪ウォッチ ポカポカ族 絶オジイ

pixivに投稿された作品 pixivで「雷オトン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 381

コメント