ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

↑トップ画像の左の人物が霧島翔


「てめぇ……俺のバイクに何しやがんだ!!」


プロフィール編集

◾格闘スタイル:キリシマアーツ

◾誕生日:4月27日

◾年齢:19歳

◾出身地:日本

◾血液型:B型

◾身長:180cm

◾体重:74kg

◾趣味:切手収集、少女マンガ読破

◾好きな食べ物:ケチャップで自分の名前の入ったオムレツ

◾得意スポーツ:キックベース

◾大切なもの:バイク(名前:トルネード)、仲間、強い技(自分の)

◾嫌いなもの:待ち、投げ、強い技(ヒトの)

◾CV:岩田光央


人物編集

DC版KOF99の99EVOと2000のストライカーキャラ。


昔の少年マンガにありがちな負けん気が強く涙もろい性格な熱血漢で、自称「健康優良不良少年」。可愛い女の子にはとことん弱い。

暴走族のヘッドであり、自分のバイクに「トルネード」という名前をつけている。


実は神楽ちづるとのレースに負けてチームを解散してしまったという悲しい過去をもっている。


後述のストライカー動作時の台詞「俺の拳が真っ赤に燃えるぅぅ!」は、『機動武闘伝Gガンダム』の主人公、ドモン・カッシュの必殺技「爆熱ゴッドフィンガー」を放つ際に叫ぶ「俺のこの手が真っ赤に燃える! 勝利を掴めと轟き叫ぶ!」という台詞のパロディである。

また「健康優良不良少年」も『AKIRA』の金田からのパロディであり(担当声優の岩田は金田役も務めている)、後のKUSANAGIに影響を与える結果となっている。


と、まぁ仰々しく紹介したが・・・編集

実は何を隠そう、彼こそ開発段階での草薙京である。

……つまるところボツキャラなので、脇役どころではないということでもある。

ちなみにその以前は「良牙」という名前だった。

彼が主人公のままKOFが完成したらどうなっていただろう。

そんなボツキャラとして闇に埋もれていくはずだった彼だが、'99の移植版においてストライカー専用のキャラとして登場。

続く2000でも京のアナザーストライカーとして登場し、その名をKOFプレイヤーに知らしめた(?)のである。


ストライカー性能編集

ジャスティスストライカー KOF2000編集

動作名は『'99EVO』では「ロマンチックキリシマコンビネーション」。『2000』では「セクシャル・キリシマ・ダイナマイト(リメンバーKOF)」。

急降下して体当たりし、着地すると『'99EVO』では小乱舞してから、『2000』では直接拳を振り上げて攻撃する技。ヒット時に「俺の拳が真っ赤に燃えるぅ!」と叫ぶ。『2000』では急降下が当たらないと「こっち来て勝負しやがれぇ!」と挑発する。

非常に強力な対空性能があり、ガードキャンセルふっとばし攻撃からヒットさせやすいため、ストライカーとしての性能はセス、ジョー・ヒガシと並んで高い。


後にボイスと小乱舞部分および『2000』での挑発ポーズがKUSANAGIの千九百九拾九式・霧焔に流用されている。


ダークストライカー編集

動作名は「デンジャラストルネード」。

画面端からバイクに乗って突撃する。翔は途中で飛び降りバイクが横倒しに滑っていく。バイクがヒットすると爆発し、最後に翔が「てめえ、俺のバイクに何しやがんだぁー!」と言いがかりをつける

発動時のボイスが『ストリートファイターIII 3rd』のショーンのトルネードと酷似している(声優はどちらも岩田)。


発生が早く、ヒット時はきりもみ吹っ飛びとなり追撃可能。ガード不能で攻撃判定が強く、バイクに乗っている最中は完全無敵なので潰されない。最後の挑発は相手のゲージをほぼ全て減らすなど、隠しキャラクターであることを考慮しても非常に性能が高い。


なお、このバイクはクリザリッド戦前後のデモでも搭乗しており、4人並んでるカットでは後ろに駐輪している。

クリザリッド戦後の逃走シーンでは他のメンバーが走っている中で一人だけバイクに乗って逃げているのでかなりシュールである。

お前だけバイクで逃げれるなんてズルいぞ!

関連記事

親記事

草薙京 くさなぎきょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36389

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました