ピクシブ百科事典

霹靂劫之末世錄

ぴーりーきょうのまっせろく

「霹靂劫之末世錄」とは、 霹靂布袋戲で素還真が登場するシリーズの第34作目である。
目次[非表示]

「霹靂劫之末世錄」とは、 霹靂布袋戲素還真が登場するシリーズの第34作目である。
2004年7月開始で、全24集。

作品解説

概要

 暗黒の力「邪兵衛(シャーペンエー)」を巡る嗜血者と仏教勢力との衝突に、西佛國に土地を貸している北辰皇朝(北嵎皇城)の内部事情や、中原人士の人間関係等がからみ、物語が展開する。他シリーズよりはわかりやすい「聖邪の対決」が見られる。
 次シリーズの冒頭、佛劍分說が時空を渡った本来の理由が明らかになる。

主な登場人物

 中原一の賢人。前々シリーズで死亡している。

 大剣を背負った隠者。正道の中心になって嗜血者と戦う一方、私事に翻弄される。
 帯剣を許されている特殊な僧侶。嗜血者に対抗する手がかりを求めて西佛國を訪ねる。
 道教の伝説的な剣客。嗜血者を巡る友人らのトラブルに巻き込まれる。
 儒門天下の龍首と呼ばれる人物。ある過去により傲笑紅塵に命を狙われるようになる。
  • 梵剎伽藍
 西佛國の「活佛」である少年。嗜血者の「王子」と言うべき邪之子を善導しようとする。
  • 淨琉璃
 定禪天の仏僧。梵剎伽藍に協力し密かに活動している。
  • 西蒙
 嗜血者たちが集う闍城の城主。圧倒的な力を持つ黒衣の美青年。
  • 邪之子
 西蒙の作り出した強力な魔で、息子。「邪兵衛」を取り込んで武林を制圧しようとする。
  • 茶理王
 西蒙と対立する嗜血者の教主。嗜血者としての力を取り戻し、西蒙を倒そうとする。
  • 四分之三
 黒髪黒衣の驅魔人。茶理王の息子に当たる。
  • 蘇安
 ビリヤードバーの女店主。四分之三の恋人だったが、やむをえず嗜血者になる。
  • 魔龍祭天
 野心家の意識能力者。各派に潜入し権力を握ろうとする。
  • 杜一葦
 変わった風采の饅頭売り。魔龍祭天から身を隠すため変装し、身分を偽って弄三平を見張る。
  • 弄三平
 布袋戯屋台の主人。彼の布袋戯は、武林の裏事情をそのまま伝えているように見える。
  • 青蚵嫂
 杜一葦の押しかけ妻。善良で夫思いだが、怪力。
  • 君楓白
 傲笑紅塵の劍譜を盗んだとされる男。疏樓龍宿と因縁がある。
  • 北辰元凰
 北辰皇朝の皇太子。出自が疑われている。
  • 北辰胤
 北辰元凰の父方の叔父。冷静で理知的な政治家然とした人物。
  • 長孫太后
 北辰元凰の母。若々しく堂々としている。
  • 長孫祐達
 北辰元凰の母方の叔父。天真爛漫なお坊ちゃま。
  • 楚華容
 元凰、祐達らの友人である男装の麗人。正義感が強く友人思い。
  • 玉階飛
 北辰元凰の師。元凰を立派な皇帝にしようと尽力する。
  • 地理司
 北辰王朝の龍脈を守る奇面の老人。
 梵剎伽藍の護衛を務めていた剣士。過去の清算のため、北嵎皇城の剣闘士になる。
  • 震天蒼璧
 北嵎最強の剣闘士。祐達がひいきにしている。
  • 鐵十三
 大酒飲みの女鍛冶。北嵎皇城の劍祭で首席に選ばれるほどの腕前。
  • 煉邪師
 北嵎に住む鞘作りの名人。


関連タグ

霹靂布袋戲 素還真

関連リンク

コメント