ピクシブ百科事典

疏樓龍宿

そろうりゅうしゅく

台湾の人形劇「霹靂布袋戲」シリーズの登場人物。
目次[非表示]

「華陽初上鴻門紅,疏樓更迭,龍鱗不減風采;
紫金簫,白玉琴,宮燈夜明曇華正盛,
共飲逍遙一世悠然。」

概要

武林の「三先天」の一人、儒教先天。儒門の第一龍首、煌びやかな着飾りをしている文化人、言葉に儒家訛りを用いる。機敏で弁舌を好み、かなりの自信家である。その作風は儒家の伝統的なイメージを覆した。

自由自在な隠居生活を過ごしたが、友人の劍子仙跡の要請に応じ、再び中原に踏み入る。

プロフィール

性別
初登場霹靂九皇座 第50集
根拠地疏樓西風、一派秋容.三分春色など
身分儒門天下龍首
友人劍子仙跡佛劍分說、楚君儀
門派儒門天下
従者穆仙鳳、應無憂など
部下流川飄渺、少陵御史、蒙山飛燕、陸華娥など
武器紫龍(原名闢商)、邪之刀、紫龍影、御皇
所有物白玉琴、寧闇血辯


人物

通称「龍宿」。座右の銘は「華麗無双」で、美を追求しており、物事は華麗に行うことを好む。
文化人であり、琴をたしなみ、書画を得意としている。劇中では友人の劍子仙跡の肖像画を描くシーンが見られる。
初登場の頃は【霹靂九皇座】の最終盤で、友人の劍子仙跡とともにお茶を飲みながら、煙管を手にして吸っていた

武器の紫龍の元の名は闢商。令狐神逸より鋳造した華麗な剣で、龍宿がひそかにそれを奪い、真珠を施したことで、剣の柄は青から紫色に変化した。その後紫龍は傲笑紅塵により断たれた。
霹靂神州Ⅲ之天罪】以降は紫龍影という剣を使う。普段は華やかな紫龍扇の形をしており、龍宿は常に手に持ち、戦闘時は剣に変化する。

聖と魔の力を併せ持つ。嗜血者の冰爵を利用することで、嗜血者の能力を身に着け、不死身となった。通常の嗜血者は日差しに晒されたら即死するが、龍宿は白昼でも行動できる特殊な体質を持つ。

傲笑紅塵を襲撃したことにより、一度劍子仙跡佛劍分說たちを敵に回したが、劍子仙跡の努力によってついに和解。その後も中原正道のために行動している。

彼と劍子仙跡はお互いにとって仲の良い悪友であり、龍宿はよく劍子に振り回される。所有物の白玉琴は劍子からの贈り物で、龍宿はお返しに紫金簫を劍子に贈った。

関連イラスト

疏楼龙宿
新年快樂*\ `D`/*~



関連タグ

霹靂布袋戲の登場人物
佛劍分說 劍子仙跡
儒教

関連リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「疏樓龍宿」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2460

コメント