ピクシブ百科事典

蝴蝶君

こちょうくん

台湾の人形劇「霹靂布袋戲」シリーズの登場人物。
目次[非表示]

「壞人有壞人的氣魄,規矩有規矩的眉角,
殺手有殺手的角度,遊戲有遊戲的魅力。」

概要

称号:陰川蝴蝶君(いんせんこちょうくん)

北域伝説の刀客。自分のこだわりとルールを持つ殺し屋、お金と公孫月大好き。
蝶を操って相手を殺す能力を持つ。その刀法は底知れないほど強く、実力は北域一と呼ばれた。
公孫月とは恋仲で、その後二人は夫婦となった。

プロフィール

性別
初登場霹靂皇朝之龍城聖影 第1集
根拠地陰川蝴蝶谷
身分北域刀劍金三角の一人
化身鳳飄飄
家族公孫月(妻)、古小月(娘)
友人寇刀飛殤、章袤君、色無極、劍隨風
所有物古月琴


人物

殺し屋で生計を立てる刀客、ややナルシストな性格。お金への執着が強く、蝴蝶谷では面会や談話だけでも有料というルールがあった。どんなにお金が好きでも、一番好きなのはやはり恋人の公孫月である。彼は十八年の間をかけて彼女を追い求め続けた。

恋人となった二人は仲が良好で、蝴蝶君は公孫月のことを一途に思う。彼女のことを「阿月仔」と親しく呼ぶ。よく公孫月に振り回されるが、それでも公孫月を喜ばせたく、さまざまな活躍ぶりを見せる。彼女の口車に乗せられ、中原正道に協力させられることもよくあった。
劇中の二人はまさしくバカップルで、やり取りは夫婦漫才そのものである。彼のギャグシーンはたくさん存在する。

罪惡坑の一件が終わって以降、公孫月、色無極とともに中原から離れ、船に乗って故郷に隠棲した。その間で公孫月との関係が夫婦まで進展し、娘の古小月が生まれた。

蝴蝶君の故郷については未だ謎が多く、中原から遠く離れた異大陸にあるという。彼曰く「時間に意味のない国」らしい。蝴蝶君が英語などラテン文字に堪能してるところから、モチーフは欧米の地域と考えられる。

霹靂天命之仙魔鏖鋒」では新造形となって再登場を果たした。
一家で中原の観光を楽しんだが、談無慾の住所へ訪れたところ、彼から「不動城」の「玄武魄」の仮面を引き受ける。妻の公孫月から娘を託され、また中原正道に協力させられることになった。玄武のデザインが気に入らなかった彼は代わりに「金蝶魄」の仮面をつけた。

玄武……あっ、違う。金蝶魄としての活動が終えた彼は、はぐれた娘の古小月を探すべく、武林の戦乱に巻き込まれていく……。

関連タグ

公孫月 蝶月
霹靂布袋戲

関連リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「蝴蝶君」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2795

コメント