ピクシブ百科事典

霹靂皇朝之龍城聖影

ぴーりーこうちょうのりゅうじょうせいえい

「霹靂皇朝之龍城聖影」とは、 霹靂布袋戲で素還真が登場するシリーズの第35作目である。
目次[非表示]

「霹靂皇朝之龍城聖影」とは、 霹靂布袋戲素還真が登場するシリーズの第35作目である。
2004年10月開始で、全40集。

作品解説

概要

 琉璃仙境に素還真が戻り、北辰皇朝をはじめとする新興勢力の拡大等の問題に関わっていく。嗜血者との争いがほぼ収まり、逆に人間対人間の泥沼が際立つシリーズ。
 シリーズ中に素還真が初登場から1000集目を迎え、記念の小コーナーが番組内で展開される。

主な登場人物

 中原一の賢人。三十年後の蓮によって蘇る。

 道教の伝説的な剣客。友人たちの事情に振り回されつつ、武林の安定のため策を練る。
 帯剣を許されている特殊な僧侶。取り込んだ邪悪の力により昏迷に陥る。
 儒門天下の龍首と呼ばれる嗜血者。佛劍分說の体内の力を狙う。
  • 聖蹤
 劍子仙跡の友人。武林の平安のため彼に協力する。
  • 邪影
 最近武林を騒がせている黒衣の青年。聖蹤を悪人と断じる。
  • 蝴蝶君
 北武林の殺し屋。金にこだわる以外は気持ちの良い二枚目半。
  • 公孫月
 素還真の動きを見張る男装の麗人。蝴蝶君に惚れられている。
 大剣を背負った隠者。剣が縁で北辰皇朝と関わる。
  • 屈世途
 琉璃仙境の管理人。素還真と漫才ができる人。
 刀狂劍痴の二つ名で知られる侠客。素還真とともに琉璃仙境に現れる。
  • 魔龍祭天
 野心家の意識能力者。各派に潜入し権力を握ろうとする。
  • 聖不賢、釋非真、道無法
 三教怪人と呼ばれる奇人たち。神獣「殷玳」を手元で飼う。
  • 聖曇嵐赫
 西佛國の新たな「活佛」。白髪白眉の少年。
  • 磋峨
 本来いるはずのない先々代の活佛。意識を封じられ剣闘士をしていた。
  • 北辰元凰
 北辰皇朝の皇帝。仁政を敷きつつ、皇朝内部の敵を次々抹殺していく。
  • 北辰胤
 北辰元凰の父方の叔父であり、本当の父。息子に命を狙われる。
  • 玉階飛
 北辰元凰の師。六醜廢人を頼るよう遺言して病死する。
  • 三教罪人
 独自の教義を唱える宗教者。元凰の師になる。
  • 六醜廢人
 市井に隠れ住む賢人。醜い外見をしている。
  • 地理司
 北辰王朝の龍脈を守る奇面の老人。
  • 長孫祐達
 北辰元凰の母方の叔父。元凰を恐れ逃亡する。
  • 鐵十三
 大酒飲みの女鍛冶。元凰を敵視している。
  • 箴有力
 西北十酋の族長のひとり。鐵十三を気に入る。
  • 琴絕絃
 絶海の孤島に住む琵琶弾きの美女。
  • 皮鼓師
 密林に隠れ住む異形の太鼓作り。「眠っている殷玳の皮を目覚めさせることなく剥ぐほどの剣の名手」を探している。
  • 骨簫
 淫靡な雰囲気ただよう美女。北武林三大玄音のひとり。

関連タグ

霹靂布袋戲 素還真

関連リンク

コメント