ピクシブ百科事典

霹靂圖騰

ぴーりーととう

台湾の人形劇「霹靂布袋戲」シリーズの第26作目、全20話。
目次[非表示]

概要

物語は「霹靂英雄榜之爭王記」から続く作品で、2001年05月から公開された。
歴代「霹靂布袋戲」シリーズの中で、数少なく日本語吹き替え版が存在する作品。

当時の映画「聖石傳説」の上陸につれ、本作のタイトルも「聖石傳説・英雄伝」として発売されており、9~11話を収録。惜しくも僅か3巻で打ち切りという結果になりました。

あらすじ

「争王記」まで

400年以上前の中原。天下は分割と統一を繰り返す乱世の時代であった。

ある時、上古時代に存在した七界の王――「七星(しちせい)」の星が突然その輝きを増し始めた。
これは災いと滅亡の予兆であり、たちまち武林の多くは現在の「七星」を抹殺しようと動き出す。
この七星全てを掌握する「七星之主(しちせいのあるじ)」の正体こそ、皆が積極的に探し求める目標であった。

「霹靂圖騰」

そんな中、七星の輝きに呼応するように天空に五方主星が現れる。
大地の五つの霊気を象徴しており、武林の東西南北、中央に根拠地を持つ素還真ら五人に宿り、プレート状の圖騰(トーテム)が出現した。

現在の七星之主─―紫星眉は七星を殺害し、その力を吸収することにより、とてつもない力を得ることが出来ると知り、天下覇権を狙おうとしている。
素還真一頁書たちは惨劇を阻止しようと、上古七星之主─天策真龍の遺体を探す。遺体は神秘たる引靈山(いんれいざん)に封印され、中に七星の力を制御する切り札があるとされる。素還真たちは五つの圖騰(トーテム)を集め、引靈山の封印を解けようとした。

数百年前に仕掛けられた陰謀に踏み入れたとも知らずに……。

一方、謎の組織「魔劍道」が、武林各地で蠢き出しているのだった……。

主要人物

中原正道

素還真


素還真(そかんしん)
吹き替えCV:子安武人
主人公。今日も武林に平和を取り戻すため、リーダーとして知恵を振り絞る。
圖騰の力を手に入れた五方の主の一人で、中央麒麟。

梵天·一页书


一頁書(いっこうしょ)
吹き替えCV:佐藤晴男
素還真と並ぶ支柱的存在であり皆から敬意をもたれている。
七星の問題で中原が揺れ動く中、素還真と共に問題の解決に奔走する。

莫召奴


莫召奴(ばくしょうど)
吹き替えCV:優希比呂(結城比呂名義)
東瀛出身の美男子。五方の主の一人で、南朱雀。
素還真と義兄弟の契りを結んだ一人。穏やかな性格で、武林の平和を守るために戦う。

黄昏時


悅蘭芳(えつらんほう)
吹き替えCV:隈本吉成
汗青編の領主、文雅な美男子。五方の主の一人で、西白虎。
自己保身のため裏では紫星眉と繋がっている。

東陵少主


東陵少主(とうりょうしょうしゅ)
吹き替えCV:皆川和彦
五方の主の一人で、東青龍圖騰の使い手。冷静沈着な性格。
七星の問題で中原に入り、戦禍を招いてしまう。

霹靂布袋戲刀狂劍癡葉小釵


葉小釵(ようしょうさ)
三傳人(さんでんじん)の一人「仏教傳人」。喋れない。
戦乱に巻き込まれ、孫娘の花非花を失ってしまう。

孤跡蒼狼(こせきそうろう)
吹き替えCV:隈本吉成
西漠にあった西疆(せいきょう)王朝の皇子。故郷が魔劍道に滅ぼされてしまい、それに対抗しようと王朝の宝であった神劍を手に入れるため、葉小釵に戦いを挑む。
しかしその後、武林全体を覆う動乱に巻き込まれていく……。

魔界

非凡公子


非凡公子(ひぼんこうし)
吹き替えCV:永島政志
東瀛出身。魔界当主である魔魁の孫で、魔族の血統を併せ持つ。
五方の主の一人で、北玄武。素還真と敵対していた。

七星関連

不二刀(ふじとう)
七星の一人、刀王星。刀法に優れており、普段は刀鍛冶をしている。
七星の動乱に巻き込まれ、幾度となく襲撃を撃退した。性格はやや暗めで、誰にも助けを求めず旅を続けた。

紫星眉(しせいび)
吹き替えCV:木村雅史
天文学者。七星のことについて詳しく、その正体は七星之主。
野望のためあらゆる手段を使い、武林で暗躍する。本性を隠し、弱々しい老人を演じている。

天策真龍(てんさくしんりゅう)
吹き替えCV:木村雅史
上古の七星之主。かつては中原の覇者だったが、暴虐を尽くしたため倒され、遺体は引靈山に封印された。彼の遺体には七星の力を制御する力があるようだが……。

魔劍道

西漠の西疆王朝を滅ぼし、中原を狙う勢力。

白衣剣少


白衣劍少(はくいけんしょう)
吹き替えCV:岡野浩介
魔劍道の少主にして凄腕の剣士。護衛役として異端神たちが付き従う。見た目の若さや美貌からは想像も出来ないほどの卓越した剣術を誇る。毒蠍女と何らかの関係があるようだが……。

黒衣剣少


黑衣劍少(こくいけんしょう)
吹き替えCV:小林壮太郎
魔劍道の太子にして凄腕の剣士。護衛役として夜叉鬼たちが付き従う。
白衣に比べて性格は苛烈で、少し我が強いところもあり、白衣に対抗意識を燃やしたりしている。

用語

七星

(しちせい)
七星の力を所有した人間。それぞれ武功や知略など、才能に優れている。
しかし七星の主の詭計により、本作開始時点からすでに三人が命を落とす。
化星の瀟瀟を除き、七星が死亡すると、力は七星の主に吸収される。

易星苗逢春(びょうほうしゅん)
指王星七海遊霞(しちかいゆうか)
悟星流浪者(るろうしゃ)
※上記三名は本作開始時点で死亡。流浪者は第1話で殺される。
智王星路光明(ろこうめい)
剣王星病劍叟(びょうけんそう)
化星瀟瀟(しょうしょう)
刀王星不二刀(ふじとう)
七星の主天策真龍(上古時代)、紫星眉

五方主星

(ごほうしゅせい)
七星とは別に、大地の五つの霊気を象徴しており、麒麟青龍朱雀白虎玄武の力が、武林各地に根拠地を持つ素還真ら五人に宿り、圖騰(トーテム)が出現した。

トーテム属性所有者
中麒麟素還真
南朱雀莫召奴
東青龍東陵少主
西白虎悅蘭芳
北玄武非凡公子

吹き替え版キャスト

素還真:子安武人
莫召奴:結城比呂
秦假仙/白無垢:岡野浩介
洛子商:伊藤健太郎
一頁書/傲神州:佐藤晴男
孤跡蒼狼/悦蘭芳:隈本吉成
使剣如刀/龍王魛:飯島肇
天策真龍(紫星眉):木村雅史
鬼王棺:園部好徳
毒蠍女/陰無獨:光明寺敬子
業途霊:長谷川将睦
黒衣剣少:小林壮太郎
東陵少主/剣僕剣理:皆川和彦
蔭屍人:宮路浩明
遺世老/左瞼老:池田知聡
白衣剣少:平井教輔
陽有偶:真野利之
ナレーター:吉田孝

関連タグ

霹靂布袋戲
聖石傳説

霹靂英雄榜之爭王記前作次回作霹靂異數之龍圖霸業

リンク

霹靂圖騰※日本語、一部引用
公式サイト紹介ページ「霹靂圖騰」※中国語

pixivに投稿された作品 pixivで「霹靂圖騰」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46

コメント