ピクシブ百科事典

霹靂異數之龍圖霸業

ぴーりーいすうのりゅうとはぎょう

「霹靂異數之龍圖霸業」とは、 霹靂布袋戲で素還真が登場するシリーズの第27作目である。
目次[非表示]

「霹靂異數之龍圖霸業」とは、 霹靂布袋戲素還真が登場するシリーズの第27作目である。
2001年8月開始で、全40集。

作品解説

概要

 素還真一頁書がともに不在の間に、天策王朝と魔劍道の対立と休戦、誅天の死、妖刀界の台頭と、歴史が淡々と転換していく。
 なお、第31集と第32集の劇中に、生者も死者も総出演する新春の挨拶がある。

主な登場人物

 中原一の賢人。生死不明。

 雲渡山の高僧。生死不明。
  • 天策真龍
 七星の力で武林を支配したとされる上古の王。前半と後半で性格が違う。
  • 遺世老、鳳棲梧、竹醜、步雙極
 天策真龍の上古からの家臣。復活した主人のため、尽力する。
  • 屈世途
 天策真龍の新しい軍師。中原の平和のため、知略を発揮する。
  • 照世明燈
 提灯が目印の青年武侠。中原の平和のため、天策真龍に降伏し、屈世途に協力する。
  • 孤跡蒼狼
 西獏にあった王家の末裔。中原の平和のため、天策真龍に降伏する。
  • 鷲默心
 天策真龍に投降してきた毒使いの美女。白衣劍少と顔が似ている。
  • 誅天
 魔劍道の主。天策真龍と因縁がある。
  • 黑衣劍少
 魔劍道の太子で、誅天と妖后の実子。わがままで意地っ張りだが、内心義兄を慕っている。
  • 白衣劍少
 魔劍道の少子で、誅天の養子。物静かで冷淡に見えるが、義弟を大切にしている。
  • 妖后
 誅天の妻で「妖刀界」の主。夫とは仲が悪く別居状態で、息子の養育権を争っている。
  • 策謀略
 魔劍道の隠れた参謀。死霊を操る術を使う。
  • 權妃
 妖后の妹。姉を補佐している。
  • 風之痕
 誅天の友人で両劍少の師。「風之痕」と「魔流劍」という、性質の異なる2種類の剣技を操る。
  • 憶秋年
 風之痕の友人で、剣技を競う相手。飄々とした老人。
  • 洛子商
 憶秋年の弟子。飄々とした青年で、師匠より皮肉っぽい。
  • 天忌
 黒いマントで全身を覆った剣客。山の頂から風之痕を見張っている。
  • 不二刀
 南武林の刀客。七星のひとりとして命を狙われている。
  • 陰無獨、陽有偶
 二人で一つの体を持つ男女のきょうだい。魔界の裏事情に詳しい。
  • 姫無花
 天壇で花に囲まれて暮らす女性。各界の要人と交流がある。
  • 石脳
 かつて魔界から素還真に贈られた石の怪物。姫無花になつく。
  • 冥河畫匠
 他者の死に様を予言的に描く画師。姫無花の知り合い。
  • 獨孤遺恨
 誅天を殺害したと噂される剣客。船で黙々と河を下る。
  • 鋼翼飛猿
 金属の翼を持つ猿人。獨孤遺恨の無実を信じている。
  • 川涼劍伕
 剣客。獨孤遺恨、鋼翼飛猿の友人。
  • 雜細郎
 眼鏡の小物売り。不思議な品をいろいろ持っている。
  • 沙舟一字師
 少年の姿をした高僧。西漠の死霊を封じている人物。
 汗青編御主。過去の悪事が暴かれることにおびえている。 
  • 渡生劍
 悅蘭芳の過去を知る剣客。
  • 忘千歲
 尼寺に保護されている女性。時々錯乱する。
  • 燃燈
 死霊の群れに対抗する力を持つ老僧。
  • 郭財臨
 変わった名前の料理を出す酒楼「四海第一家」の副支配人。支配人不在の四海第一家を切り盛りする。
 北武林出身の刀客。死霊に対抗する品を探している。
  • 雲袖
 四海第一家に定期的に現れる美女。亂世狂刀が探す品の持ち主。

関連タグ

霹靂布袋戲 素還真

関連リンク

コメント