ピクシブ百科事典

亂世狂刀

らんせきょうとう

亂世狂刀は、台湾のテレビ人形劇「霹靂布袋戲」シリーズの登場人物である。
目次[非表示]

「沉思十五年中事,才也縱橫,淚也縱橫,雙負簫心與劍名。」

概要

吹き替えCV:高宮俊介(聖石傳説)、関俊彦(ドラマCD版)

 亂世狂刀は、「霹靂布袋戲」シリーズの著名な登場人物の一人。シリーズ名に個人名が入っている数少ないキャラクター。
 北武林出身の熱血男児で、「三傳人」の一人。愛妻のために一日で三千人を斬った、という伝説を持つ。

プロフィール

性別
初登場霹靂狂刀 第19集
出身地北武林
根拠地悟劍亭、楓橋、鏡花水月臺、苦竹籬
身分道教傳人
化身金獅
家族慕容嬋 (妻)、藏劍生 (兄)
友人素還真、空劫、葉小釵劍君十二恨青陽子洛子商、蒼茫荒獅、雲袖、不了情、巧天工
師匠道尊、欲蒼穹
弟子鶴岡


人物

 北から来た暴れん坊。通常は「狂刀」と短く呼ばれる。
 獅子のたてがみのような白髪と、濃い眉、大きな目が特徴。柄頭に獅子の顔がついた「獅頭寶刀」を愛用している。
 気性もまた獅子のごとく激しく、強情傲慢奔放かつ横暴だが、情が深く根は優しい。また、悪人相手でも恩を返すほど義理堅く、目上には礼儀正しい。
 非常に愛妻家で、彼女が亡くなった現在も、公式サイトには彼の口癖として「慕容嬋啊∼」が掲載されている。愛用の四孔簫(しこうしょう)も彼女から譲られた物である。
 その一方で、雲袖や巧天工など女性との関わりも少なくなく、それが怨讐の元になることもある。

 かつて「天地門」という洞窟に鎖に縛られた状態で15年間監禁されていたが、それでも死なない強力な内功を持つ。また、本人は中土の人間だが、使う「狂龍八斬法」は東瀛の技である。
 中原に現れた当初は、振られた腹いせに中原の人間を皆殺しにしようとする等極端な行動も見られたが、現在は様々な波乱を経験して人間的にも成熟した。ただし、連獅子のように髪を振り乱す所作は健在。

造形

傾向

亂世狂刀は、1993年の初登場以来一度も落命していないが、出演していない期間があり、人形数は意外と多くない。
外見の共通事項は、おおむね以下の通り。

  • 細面で鼻筋が通り、目は切れ長で大きく、眉は黒く濃くまっすぐ。そして、口元は上品、という判りやすい美男。
  • 白髪。中央分けで、前髪の一部が鼻の頭くらいまでの長さになっている以外は、肩か背中までのワンレングスか肩までと背中までの上下二段で、横に広がり気味。
  • 額から髪の分け目にかけて、飾りをつけている。
  • 服装は軽鎧が多いが、色使いが白、黒、金、銀、茶の組み合わせに限定されている印象を受ける。「霹靂圖騰」の頃は虎柄。

筋肉

霹靂謎城之九輪異譜」で約10年ぶりに再登場したときは、武装の隙間に二の腕と胸元を露出させ、若さと荒々しさ、たくましさを主張するような姿で現れた。

関連タグ

霹靂布袋戲 素還真 一頁書

三教傳人

仏教道教儒教
葉小釵亂世狂刀劍君十二恨


関連リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「亂世狂刀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 872

コメント