ピクシブ百科事典

綺羅生

きらせい

台湾の人形劇「霹靂布袋戲」シリーズの登場人物。
目次[非表示]

「百代繁華一朝都,誰非過客;千秋明月吹角寒,花是主人。」

概要

称号:白衣沽酒(はくいこしゅ)

雪のような白き衣を身に纏う穏やかな美男子、風雅で優しい性格の持ち主、尖ってる獣耳が特徴。刀法を得手としており、普段は扇を手に持っている。
玉陽江の上で画舫※を住居とする。かつて武林の因縁により刀を封じ、弓術と花芸を励む日々を送っている。

画舫(がぼう):絵をかいたり彩色を施したりした中国の遊覧船。転じて、美しく飾った遊覧船。

プロフィール

性別
初登場霹靂戰元史之動機風雲 第28集
根拠地玉陽江
身份武道七修の「江山快手」、奇花八部の「獸花」
組織武道七修、奇花八部
化身江山快手
友人妖繪天華、九代師、星狼弓、最光陰
同修意琦行一留衣(初代内七修)
その他九千勝(前世)
専門綺羅獸花術
武器江山豔刀、黑月之淚
所有物雪璞扇
交通月之画舫(つきのがぼう)


人物

奇花八部の「獸花(じゅうか)」であると同時に、武芸組織「武道七修」の一員でもある。またの名は「江山快手(こうざんかいしゅ)」。最初は江山快手として武林に名を馳せたが、詭計に遭い、無辜の人々の命を奪ってしまう。その因縁により刀を封じた。
その頃、彼は偶然に獸花老者の命を救い、綺羅獸花術を習得した。獸花老者が臨終する前に、彼にすべてを託し、奇花八部の「獸花部」を継承した。
実は情に篤く、のち仲間たちを守るため、再び刀を手に取り戦うことになる。
尖ってる獣耳は珊瑚角(さんごかく)と呼ばれる。右耳に綺羅獸花術のために使う針が仕込んでいる。
前世は刀神の九千勝(きゅうせんしょう)。かつて暴雨心奴の嫉妬を招いてしまい、十八地獄陣によって殺害された。その後友人の最光陰の助けによって転生し、現在の綺羅生となる。

琴をたしなむ。牡丹を好み、住んでいる月之画舫にも牡丹の絵を施してある。

関連イラスト

水面を行く
綺羅生



関連タグ

霹靂布袋戲の登場人物 獣耳
最光陰 意琦行

関連リンク

公式人物資料(綺羅生)※中国語

pixivに投稿された作品 pixivで「綺羅生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9333

コメント