ピクシブ百科事典

劍子仙跡

けんしせんせき

台湾の人形劇「霹靂布袋戲」シリーズの登場人物。
目次[非表示]

「何須劍道爭鋒?千人指,萬人封;
可問江湖鼎峰,三尺秋水塵不染,天下無雙。」

概要

武林の「三先天」の一人、道教先天。道門の不世出の達人、率直で自由闊達な性格。道家の教えである無為自然を基本とし、厳粛な話の中に軽い冗談を挟みながら、笑って世間を見届けた。

一見世の中の争乱には無関心だが、実は情に厚く、もっとも中原の危機を心配している剣客である。

プロフィール

性別
初登場霹靂九皇座 第50集
根拠地豁然之境
友人疏樓龍宿佛劍分說、蜀道行、傲笑紅塵素還真慕少艾談無慾など
機関陣法再生涅盤
武器古塵、金劍
所有物紫金簫


人物

通称「劍子」。白髪白眉の剣客で、その姿は仙人のごとく飄然としている。

初登場の頃は【霹靂九皇座】の最終盤で、友人の疏樓龍宿とともにお茶を喫した。それからは三先天の佛劍分說疏樓龍宿たちとともに中原正道の一員として活躍している。

背負っている剣の名は「古塵」、霊気あふれる「天人の剣」という。この剣を鋳造したのは友人の令狐神逸である。

いい意味で腹黒い。友人の疏樓龍宿曰く「滿腹墨水」。彼と龍宿はお互いにとって仲の良い悪友であり、その節は二人の対話シーンではよく見られる。

関連イラスト

道先天·剣子仙跡
剑毛毛



関連タグ

霹靂布袋戲の登場人物
佛劍分說 疏樓龍宿
仙人

関連リンク

公式人物資料(劍子仙跡)※中国語

pixivに投稿された作品 pixivで「劍子仙跡」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23686

コメント