ピクシブ百科事典

霹靂靖玄錄

ぴりせいげんろく

台湾の人形劇「霹靂布袋戲」シリーズの第73作目。全20章。
目次[非表示]

概要

2019年6月から公開され、物語は前作「霹靂魔封」に続く。靖玄錄シリーズの前編で、「霹靂靖玄錄上闋」、「南域篇」とも呼ばれる。

霹靂布袋戲」シリーズの主人公である素還真が化身も含め、一切登場していない。

このタグに登録したイラストは数少ないため、
イラスト検索時は登場人物の名前で検索することがおすすめ。

特徴

本作の舞台は中原から、武林より南に位置する「南域(なんいき)」に移る。武侠要素多めで、物語の進行速度は前作より早い。そのほか、探偵要素も少し含まれる。

前作までの話は第4章で決着がつき、それ以外のほとんどが新しい舞台「南域」に関わるストーリー。「霹靂布袋戲」シリーズのほかの作品を飛ばして、本作から視聴を始めることもできる。

あらすじ

中原武林の争いが決着するが、虛無の力の広がりにつれ、影響されかける南域。それを防ぐべく、南域の各勢力が台頭する。一方、南域罪人島の玉佛爺が罪人たちを率いて、南域内部に脅威をもたらしていく……。

主な登場人物

疏樓龍宿
三先天の儒教先天。負傷の劍子仙跡を治療すべく、南域に入る。
嗜血者の力がしばしば暴走するようになる。

劍子仙跡
三先天の道教先天。前作までの戦いで重傷を負い、治療のため疏樓龍宿とともに南域に入る。

道鋒天扇子(どうほうてんせんし)
海外にいる墟丘の主。風を使いこなす道士。
疏樓龍宿らとともに南域に入り、出身が解明されていく。

玉佛爺(ぎょくぶつや)
罪人島の主。罪人たちを率いて、南域に脅威をもたらす。
「如來魔印・七級浮屠」という恐ろしい技で、南域でその名を轟かせた。

琴狐(きんこ)
南域の麒麟閣の名探偵。軒昂五璣の一人「道璣」の持ち主。
最近南域で起きた事件の調査に取り掛かる。

占雲巾(せんうんきん)
參天鹿幘(さんてんろくさく)の二つ名を持つ占い師。軒昂五璣の一人「玄璣」の持ち主。
南域を守るために、友人の琴狐とともに玉佛爺と戦う。

上官爭先(じょうかんそうせん)
南域の最高法執行機関「一局通神」の主。軒昂五璣の一人「兵璣」の所有者。
器が小さく、占雲巾を敵視している。

明河影(めいかえい)
南域出身の女医。軒昂五璣の一人「醫璣」の持ち主。
友人・疏樓龍宿の要請で、劍子仙跡に治療を施す。

攀玉趾(はんぎょくし)
軒昂五璣の筆頭「劍璣」の所有者。玉佛爺の兄。
死亡三角洲に入り、謎の死を遂げる。

海宇之主(かいうのしゅ)
謎の勢力「海宇」の主。
玉佛爺と協力して、南域を侵攻する。

風月主人(ふうげつしゅじん)
有名な預言者。顔が海宇之主と瓜二つ。
南域現在の形勢に介入するが……。

小水仙(しょうすいせん)
麒麟閣の少女探偵。琴狐、風雲兒とともに南域で起きた事件を調べる。

風雲兒(ふううんじ)
麒麟閣の少年探偵。「劍塵」の二つ名を持つ剣客。
琴狐、小水仙とともに南域で起きた事件を調べる。

滌瑕快劍(できかかいけん)
南域伝説の白い剣士。仇敵の玉佛爺と戦う。
その正体は……。

北冥風舉(ほくめいふうきょ)
南域の風濤十二樓の主。玉佛爺との戦いで重傷を負い、現在は車椅子に乗って隠居中。
夢の中で道鋒天扇子の過去を見る。

玄真君
高名な医術者にして弓の名手。友人の琴狐に協力する。

夜飛天(やひてん)
「廣寒神女」の二つ名を持つ、クールな弓使い。
滌瑕快劍と過去に何らかの関係がある。

秦假仙(しんかせん)
中原の情報屋。一人で南域に入り、ひょんなことから破玄奇と同行することになる。
化粧して情公子になる時もある。

破玄奇(はげんき)
元罪惡坑の三惡首。「破三臟」と名乗るようになる。
天竺(?)を目指す旅を始め、強引に秦假仙を同行させる。

元守默(げんしゅもく)
南域の法執行機関「一局通神」最強の弟子。訳あって下っ端の扱いをされる。
後半から一躍「一局通神」の主の座につく。

醫鬼(いき)
玉佛爺の部下である医術の名手。主に毒を使いこなす。
残虐な人体実験を行い、たびたび琴狐たちと敵対する。
その正体と真の目的は……。

鰉影(こうえい)
謎の勢力「海宇」の一員。後半から登場。
罪人島に支援する黒幕で、「代行者」と呼ばれる。

用語

軒昂五璣(けんこうごき)
禁忌長城を造り、南域を守る五人の権力者。それぞれを代表する玉を持ち、司る物事がある。軒昂劍龕(けんこうけんがん)の所有者が筆頭となる。

 読み方所有者司る物事
劍璣けんき攀玉趾仲裁、外交
兵璣へいき上官爭先法の執行、巡撫
醫璣いき明河影医療、鑑識
玄璣げんき占雲巾書物の管理、占い
道璣どうき琴狐礼楽、探偵

禁忌長城(きんきちょうじょう)
南域外部からの攻撃を守るために、軒昂五璣が造った城壁。これにより、虛無の力や殛心源の拡散を防ぎ、南域も長年安定していた。

玄裳(げんしょう)、凰覺(おうかく)
南域の先人たち。道鋒天扇子の養父母でもある。
巨大隕石が発生した際、身を挺して南域を守り、軒昂五璣を召集して禁忌長城を造らせた。
とある事件で行方不明になるが……。

夜照玉獅(やしょうぎょくし)
前作から言及された墟丘の秘宝。人間の体質を転化させる効果があり、疏樓龍宿の嗜血者体質を解除することもできる。
正体は道鋒天扇子が手に持っている拂塵(ふつじん)で、その効果も残り一度しか使えない。

殛心源(きょくしんげん)
かつて南域で巨大隕石が発生した際、隕石が最終的に海に落ちて生じた膨大な力。それに接触した普通な生物や一般人は目玉以外に、全身が粉々に砕け散る。一時南域に災害をもたらした。
作品の中では「殛心能(きょくしんのう)」とも呼ばれる。

死亡三角洲(しぼうさんかくしゅう)
かつて南域で巨大隕石が発生した際、隕石が落ちた海域。周りに殛心能が溢れ、魚も生息できない危険地帯と化した。そのため、禁忌長城を築き、南域から隔離された。
現在は強大な二匹の鱗獸(りんじゅう)がこの海域で徘徊している。

六博棋(りくはくき)
古代中国で、囲碁などと並ぶ代表的なボードゲーム。本作では南域の法執行機関「一局通神」の秘伝ゲームとされた。

太昊天網(たいこうてんもう)
巨大隕石の発生後、南域上空からの攻撃を防ぐために作られたバリア。発動するには、三ヶ所に設置した仕掛けを起動する必要がある。
三つの仕掛けのうち、一つが玄真君の本拠地「離愁谷」に設置されている。

嗜血王權(しけつおうけん)
嗜血者のうち、最高の支配者が持つ体質。嗜血者の王を表す象徴。疏樓龍宿がこの体質である。
一般の嗜血者と違い、白昼でも行動できる。また、自分より格下の嗜血者を支配する能力がある。

幽玄虛淵(ゆうげんきょえん)
無法者たちが集って修行する闇の組織。後半から登場。罪人島と協力関係にあり、醫鬼もここで修行している。疏樓龍宿の嗜血王權を狙い、劍子仙跡に襲いかかる。
名称の元ネタは虚淵玄から取っているかは不明。

関連タグ

霹靂布袋戲

疏樓龍宿

霹靂魔封前作次回作霹靂靖玄錄下闋

関連リンク

関連記事

親記事

霹靂布袋戲の劇名 ぴーりーぷーたいしーのげきめい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「霹靂靖玄錄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75

コメント