ピクシブ百科事典

霹靂靖玄錄下闋

ぴりせいげんろくげけつ

台湾の人形劇「霹靂布袋戲」シリーズの第74作目。全28章。
目次[非表示]

概要

2019年8月に公開され、物語は前作「霹靂靖玄錄」に続く。靖玄錄シリーズの後編で、「皇禍篇」とも呼ばれる。「皇禍」とは、皇鱗がもたらす災いという意味である。

霹靂布袋戲」シリーズの主人公である素還真が化身も含め、一切登場していない。

このタグに登録したイラストは数少ないため、
イラスト検索時は登場人物の名前で検索することがおすすめ。

解説

本作の舞台は前作に引き続き、武林より南に位置する「南域(なんいき)」が中心となる。前作と比べて、ファンタジーの要素が多い。視聴の際は、前作も併せて見るとより理解しやすい。

映画「西幽玹歌」の公開時期と重なる。作中では琴狐と江南春信らが、「東離劍遊紀」1話のシーンに倣って、電子版月刊と映画を宣伝するシーンが見られる。

あらすじ

鱗族の計略により、重鎮が亡くなっていく南域。琴狐と占雲巾、そして疏樓龍宿劍子仙跡らも被害を受ける。そんな中、鱗族の王者「皇鱗」が復活し、南域への侵攻が本格化。

一方、道鋒天扇子が手負いの風雲兒を助けるため、ともに墟丘の天竅に入る。南域を守るべく、天竅で修行を始める。

皇鱗を倒すため、南域と中原の人々が動き出していく……。

主な登場人物

琴狐(きんこ)
南域の名探偵。親友の占雲巾と一度決裂するが、ほどなくして和解。二人が力を合わせて皇鱗と戦う。

占雲巾(せんうんきん)
參天鹿幘(さんてんろくさく)の二つ名を持つ占い師。一度命を落とすも、復活される。二人が力を合わせて皇鱗と戦う。

疏樓龍宿
三先天の儒教先天。皇鱗の計にかかり、嗜血者の力が暴走。
嗜血者の体質を分離させるため、俠仙若士とともに天竅に入る。

俠仙若士(きょうせんじゃくし)
劍子仙跡が若返った姿。皇鱗の計により、力が大幅に弱まった。
力を取り戻すために、疏樓龍宿とともに天竅に入る。

道鋒天扇子(どうほうてんせんし)
墟丘の主。風を使いこなす道士。
皇鱗によって命を落とすが、武器の道鋒天扇を疏樓龍宿らに託した。

江南春信(こうなんしゅんしん)
南武林一の鍛冶師。お茶目な性格。
南域を守るため、琴狐たちに協力する。

左无咎(さむきゅう)
墟丘の仙人。太昊天網の製作に関わるからくり師。
天竅を守るため、墟丘内部の間者をあぶり出す。

刀僧還情(とうそうかんじょう)
刀を武器とする青年僧侶。手負いの占雲巾を一度助けた。
正体は「霹靂劍蹤」時期に登場した情殺が出家した姿。

皇鱗(こうりん)
鱗族の王者。好戦的な性格で、強い再生能力を持つ。
一族復興のため、権謀術数を巡らせ、南域に大打撃を与えた。

海宇之主(かいうのしゅ)
逆世雙鱗の「戰鱗」。南域に災いをもたらす。
小水仙との出会いで、心境が少しずつ変わっていく。

風月主人(ふうげつしゅじん)
海宇之主の「影」。
鱗族で活躍しながら、小水仙の命を守る。

小水仙(しょうすいせん)
麒麟閣の少女探偵。海宇之主との触れ合いで、前世が海宇之主の元恋人であることに気づく。

風雲兒(ふううんじ)
「劍塵」の二つ名を持つ少年剣客。
天竅での修行を経て、強くなった白髪の姿で南域に戻るが……。

玄真君
高名な医術者にして弓の名手。琴狐らとともに皇鱗に対抗する。

夜飛天(やひてん)
「廣寒神女」の二つ名を持つ、クールな弓使い。
鱗族と戦っているうち、恋人の滌瑕快劍と再会を果たすが……。

西窗月(せいそうげつ)
占雲巾を復活した女性。琴狐と占雲巾の学生時代の同窓。
本作では声のみで、姿を一切見せない。

天涯淪落人(てんがいりんらくじん)
碎骨銀河から来た謎の人物。風月主人の術により、玉佛爺の死体で活動する。
道拂衣という人を探している。

元守默(げんしゅもく)
南域の法執行機関「一局通神」の主。権力に溺れる。
罪人島や鱗族と共謀し、悲惨な結末を迎える。

秦假仙(しんかせん)
中原の情報屋。引き続き破玄奇と同行する。
情公子の姿で行動し、琴狐らに協力する。

破玄奇(はげんき)
元罪惡坑の三惡首。「破三臟」と名乗るようになる。
秦假仙を「八戒」、風雲兒を「悟空」、王蠸を「悟浄」とそれぞれスカウトして、西遊記チームを結成。琴狐らとともに皇鱗と戦う。

王蠸(おうけん)
「天地蝱」として恐れられた覇者。
東山鴨頭を売って平凡な生活を送るが、破玄奇のスカウトにより、「悟浄」になる。
琴狐らとともに皇鱗と戦う。

劍謫仙(けんたくせん)
かつて碎骨銀河からの災いを食い止めた仙人。
「靖玄錄計画」を残し、行方不明になった。

小秘寶(しょうひほう)
天竅内部に住む青琉璃扇貝の精霊。
性格も外見も子供っぽい。疏樓龍宿たちと出会い、行動を共にする。

幽玄剋天守(ゆうげんこくてんしゅ)
幽玄虛淵の権力者の一人。
天竅を目論んで、鱗族と手を結ぶ。

魔夜聽劍(まやちょうけん)
中原出身の孤高な剣客。
風雲兒と刀僧還情と出会い、共に皇鱗に対抗する。

東方璧(とうほうへき)
赫墨族の画家。皇鱗の討伐に参加する。

新海鯪(しんかいりょう)
鱗族の守護者。終盤から登場。
鱗族での地位は皇鱗と同格で、血鯤鯩の命令に従う。

用語

鱗族(りんぞく)
宇宙の外(宇外)から来た異種族。
本作の主な敵で、復興のために南域を侵略する。
魚類がモチーフで、「霹靂俠影之轟霆劍海錄」に登場した天疆の鱗族とは別物。

天竅(てんきょう)
墟丘の奥にある神聖な地域。
内部の時間の流れは、外の世界の数百倍。
風雲兒や疏樓龍宿たちは、体の回復と修行のためにここに訪れる。
対になる存在として、幽玄虛淵の地究がある。

地究(ちきゅう)
天竅と対になる存在。
闇の力に溢れる邪悪な地域。無法者たちが修行する組織「幽玄虛淵」が保有している。幽玄虛淵の目的は、天竅と地究を融合させることで、正邪の混乱を狙う。

碎骨銀河(さいこつぎんが)
宇宙の外(宇外)と南域の間にある空間。
隕石によって砕かれた人間の骨が散在する。昔の西南武林に住む五大奇族が、碎骨銀河からの被害に遭って滅亡した。当時の犠牲者の死体が、碎骨銀河の一部になったとされる。

焚夜天祭(ふんやてんさい)
鱗族が南域にもたらす災いの一つ。
碎骨銀河より大量の隕石を召喚し、空中から南域を攻撃する。前作に言及された「太昊天網」で防ぐことができる。

魘金溫床(えんきんおんしょう)
鱗族が南域にもたらす災いの一つ。
焚夜天祭によって地面に撃った隕石が、人間の命を吸い取る土に変化し、四方八方に拡散する。この土を踏んだ鱗族の者は、戦闘力が上昇する。

鱗化(りんか)
鱗族の秘術によって、人間の体が変化する現象。
鱗族に意識を操られ、体を鱗獸(りんじゅう)に変化することができる。鱗化された人間の特徴として、体の一部に鱗が植え付けられている。

逆世雙鱗(ぎゃくせいそうりん)
血鯤鯩が分離した金色の鱗「皇鱗」と、赤色の鱗「戰鱗」を受け継いだ者のことを指す。海宇之主の場合、人間の身で受け入れることも可能のため、所有者は必ずしも鱗族出身とは限らない。

血鯤鯩(けつこんりん)
鱗族の母体である赤き巨大な魔獣。
かつて宇宙の外(宇外)から南域に侵略するも、碎骨銀河で劍謫仙に食い止められる。重傷を負った状態で、体から「皇鱗」と「戰鱗」を分離し、死亡三角洲に落下。鱗族の決起とともに、南域の生命を吸い取り始める……。
性別はメスで、「后源」にも呼ばれる。

湯問夢澤(とうもんぼうたく)
琴狐たちが学生時代に在学していた場所。江南春信、占雲巾、西窗月、風月主人もここで学問を励んでいた。そのうち、江南春信は首席で卒業した経歴を持つ。

道拂衣(どうふつい)
碎骨銀河について記載した書物「拾異經」の著者。
道教出身の仙人で、本作では名前のみ言及される。

靖玄錄計畫(せいげんろくけいかく)
前作と本作のタイトルになった単語。
劍謫仙が行方不明になる前に残した計画。執行するには、選ばれた数人の「靖玄客」が必要。計画の詳細については、本作品で明らかにされていない。

靖玄客(せいげんかく)
靖玄錄計畫の執行者にあたる人たち。
天行客・月琴老人によって集められる。苦境に隠されたある災いが起こる際に、靖玄客は時に応じて姿を現すと言われる。
過去作のキャラが含まれており、本作では倦收天原無鄉劍非道意琦行地冥などが確認できる。

関連タグ

霹靂布袋戲 西幽玹歌

疏樓龍宿 劍子仙跡

霹靂靖玄錄前作次回作霹靂俠峰

関連リンク

関連記事

親記事

霹靂布袋戲の劇名 ぴりぷーたいしーのげきめい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「霹靂靖玄錄下闋」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24

コメント