ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「嘯傲八表域中,獨騁威雄,慣玄影無蹤,任太虛,蕭瑟鳴風。」

概要

称号:銀驃當家(ぎんひょうとうか)

霹靂布袋戲」の人気キャラクター。
霹靂俠影之轟掣天下」や「霹靂俠影之轟霆劍海錄」では主要人物の一人として活躍した。

「南修真」の二つ名を持つ、道教の道士。
道真一脈の南宗に属し、北宗の倦收天と二人併せて「道真雙秀(どうしんそうしゅう)」と称される。

中原を守るために戦い、不動城では銀豹として行動した。

プロフィール

性別
初登場霹靂俠影之轟掣天下 第3章
根拠地煙雨斜陽
身分銀驃當家、南修真、靖玄九星の「天權解懸星」
化身末日之狂(銀豹)
家族夢丹青(弟か妹)
友人倦收天素還真六絃之首蒼照世明燈琴狐月無缺
相弟子九指驕雄、靈犀指瑕
弟子莫尋蹤
武器銀驃玄解(ぎんひょうげんかい)


人物

「南修真」の二つ名を持つ道士。全身が銀を基調とした色合いで、倦收天と対になる。その様子から秦假仙から「高端銀」と呼ばれた。ユーモアな人柄で、一見すると豪快に見えるが、倦收天と比べて控えめな性格。

かつて道門が天羌族と交戦する時、倦收天を守るため両手を失う。道真の宝の一つ・銀驃玄解を付け、「銀驃當家」の称号を手に入れた。称号の「當家」は中国語で「家を切り盛りする」という意味。

銀驃玄解は普段手の形をしており、戦いの時は自由に刀・剣・盾・鉤爪など、様々な形態に変化が可能。その作者は照世明燈である。作品の進行と共に、銀驃玄解は幾度もの改良が施され、「霹靂兵烽決之碧血玄黃」以降は槍まで変化できるようになった。

経歴

苦境の侵略を狙う黑海森獄と戦う中、初めて登場する。倦收天と共闘しながら、道真一脈の内部に起きた分裂問題を積極的に解決していく。道真一脈の北宗と南宗が統一した以降、倦收天と共に行動することが多くなる。中原正道の一員として、中原を守るために奔走する。

素還真が魔吞不動城を結成する時は、末日之狂ごと「銀豹」として行動した。不動城の解散後は一度隠居を経て、靖玄客の一人・天權解懸星に選ばれ、更なる修行を積む。武林に迫りくる七大神秘と対抗していく。

関連タグ

霹靂布袋戲

倦收天

関連リンク

関連記事

親記事

霹靂布袋戲の登場人物 ぴりぷーたいしーのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「原無鄉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6989

コメント