ピクシブ百科事典

六絃之首蒼

ろくげんのしゅそう

台湾の人形劇「霹靂布袋戲」シリーズの登場人物。
目次[非表示]

「倚箏天波觀浩渺,蒼音掀濤洗星辰;
白虹貫日掃魔蕩,明玥當空照古今。」

概要

称号:六絃之首(ろくげんのしゅ)

霹靂布袋戲」の人気キャラクター。
霹靂奇象」、「霹靂謎城」では主要人物の一人として活躍した。

「道境」にいる道教組織「玄宗」の道士。優れた才能の持ち主で、玄宗では六絃の筆頭である。
異度魔界など、中原に危害を脅かす勢力と戦う。中原正道の一員として扱われる。

名前は「」の一文字のため、投稿された作品のタグも蒼で登録する作品が多い。「霹靂+蒼」で検索することがおすすめ。

プロフィール

性別
初登場霹靂奇象 第25集
身分玄宗六絃の筆頭
出身道境
根拠地怒海滄浪•天波浩渺
組織玄宗
友人藺無雙一步蓮華一頁書靛羽風蓮、摩訶戒者、赭杉軍倦收天原無鄉
同修翠山行、赤雲染、白雪飄、黃商子、九方墀
部下道清子、靈湘子、碧霞君
武器白虹劍、明玥劍
所有物怒滄琴、玄蒼珀、青玉龍毫、丹青絹、銀鴒


人物

苦境の上位次元「道境」出身の道士。通称「絃首」。「蒼」は道号で、「無限の可能性と定義」を意味する。
道教組織「玄宗」に所属し、才能が群を抜いた「六絃」の中でも筆頭である。冷静沈着な性格で、琴の造詣が深い。

かつて異度魔界と交戦する時、苦境の仏教聖域「萬聖巖」と協力して、玄宗の道士たちを率いて戦う。玄宗に裏切り者が出たことで、敗退が続き、蒼も異度魔界を封印する際に、道士たちと共に封印された。

異度魔界の封印が解かれた後、道士たちと無事脱出。苦境に逃亡した裏切り者を探しながら、異度魔界の動向に注意を払う。異度魔界と戦いながら、中原のために奔走することから、中原正道の一員として扱われるようになった。

昔に親友の藺無雙と三境試合に参加し、優勝して白虹劍を手に入れた。藺無雙が得た明玥劍と対になる剣である。藺無雙は亡くなる前に、明玥劍を蒼に贈った。この一対の剣の作者は、南武林一の鍛冶師・江南春信である。
白虹劍は普段、怒滄琴の中に納めており、鞘に琴の弦がついている。

関連イラスト

蒼



関連タグ

霹靂布袋戲

赭杉軍 素還真

関連リンク

関連記事

親記事

霹靂布袋戲の登場人物 ぴーりーぷーたいしーのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「六絃之首蒼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 93

コメント