ピクシブ百科事典

藺無雙

りんむそう

台湾の人形劇「霹靂布袋戲」シリーズの登場人物。
目次[非表示]

「白雲萍山不相逢,人間天上兩稀微;
黑河再現明玥鋒,不見峨眉藺不歸。」

概要

称号:雲飄渺(うんひょうびょう)

霹靂布袋戲」の登場人物。
霹靂兵燹之刀戟戡魔錄II 」を主に活躍した。

かつて奇才と称されていた道教の強者。
表情が冷たく、感情がほとんど顔に出ない。練峨眉に恋心を抱く。

プロフィール

性別
初登場霹靂兵燹之刀戟戡魔錄II 第27集
退場霹靂兵燹之刀戟戡魔錄II 第35集
根拠地白雲山浩然居
恋人練峨眉(片思い)
友人六絃之首蒼、赤雲染
武器明玥劍(めいげつけん)


人物

道教出身の黒髪の剣士。白玉(中国語で白いヒスイ)のような顔立ちを持つ青年。「古雲劍式」という、剣と気功を合わせた剣術を駆使して戦う。

同時期に、自分と同じかそれ以上の評価を得ていた練峨眉に対抗心を抱き、何度も挑戦するうちに友情が芽生える。
共に切磋琢磨し、高め合う日々を送っているうち、彼女に恋心を抱いてしまう。情欲を切り離せなかった彼は仙人になる道を諦め、仙境に旅立つ練峨眉を見送ったあと、武林から身を退いた。
あるとき、談無慾から練峨眉の死を知らされ、彼女を陥れた狂龍一聲笑と翳流黑派への復讐のため再び剣を取る。

登場期間はわずか8話にもかかわらず、視聴者たちの印象に深く刻まれた珍しい人物。彼が北辰元凰に放ったセリフ「三招不能敗你,藺無雙當場自盡」は特にインパクトが強い。日本語訳すると、「技三つでお主を敗れなかったら、藺無雙はここで自刃してやろう」という意味である。自身の武芸に対する自信と、練峨眉の仇討の気持ちが強く感じとられる。

最後は狂龍一聲笑に挑んで、見事勝利を収めた。しかし、五大神器の冠「銳感之纓」をかぶった狂龍一聲笑の演技に嵌められたことを隙に、鎖で心臓を貫かれ、失血の果てに息を引き取った。

昔に親友の六絃之首蒼と三境試合に参加し、武器である明玥劍を手に入れた。蒼が得た白虹劍と対になる剣である。この一対の剣の作者は、南武林一の鍛冶師・江南春信である。藺無雙の死後、武器である明玥劍は六絃之首蒼に渡された。

関連イラスト

蔺无双



関連タグ

霹靂布袋戲

練峨眉 六絃之首蒼

関連リンク

関連記事

親記事

霹靂布袋戲の登場人物 ぴーりーぷーたいしーのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「藺無雙」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12

コメント