ピクシブ百科事典

照世明燈

しょうせみょうとう

照世明燈とは、霹靂布袋戲シリーズの登場人物のひとりである
目次[非表示]

難定紛紛甲子年,千魔蕩蕩白陽天,
蒼天旨意著書命,諸子虔誠扶道顛;
佛燈點亮華光現,一線生機救末年。

概要

 照世明燈とは、台湾のテレビ人形劇「霹靂布袋戲」シリーズにおける古参の登場人物のひとりである。通称「慈郎」。
 提灯がトレードマークの青年侠客で、道教の高位者のひとり。

プロフィール

性別
初登場霹靂眼 第11集
称号慈郎
根拠地黑暗道、遠浮天、騰龍殿
身分道教十三道之「天真君」
化身金色人影
友人崎路人、玄真君、素還真一頁書、秦假仙、葉小釵、屈世途
組織門派道教、天策王朝
弟子陸慈心
師姪青陽子、紫陽子、血陽子


人物

 女性的で柔和な外見の美青年で、丸くまとめた前髪と顔の左右の下げ髪、常時持ち歩いている手提灯篭が特徴。通称の「慈郎」は本名とも、慈悲深い男性という意味の呼称とも言われる。
 思慮深く公平で、はっきり物を言う性格。日月才子と2対1で渡り合うほどの高い武功を持つが、温厚で争いを好まず、どうしても必要とされた時だけ隠遁先から現れる。提灯片手に武林を放浪し、出会った人間にのみ慈悲を以って協力するのが彼の基本スタイル。
 治療者として優れた腕を持ち、「天下第一醫」に挙げられたこともある。なお、彼に限らず、道教系の人物は医術と掌術に秀でていることが多い。
 玄真君とともに道教十三道のひとりに数えられ、青陽子の師と兄弟弟子の関係にあるが、道教組織全体や政治的な動きにはあまり興味がない様子。
 登場当初、葉小釵と仮の主従関係にあり、彼の孫たちに最初に名前をつけたのは照世明燈である。

 何度か死ぬ目に遭っては行方不明になり、再登場のたびに設定が増えている。また、彼と外見が同じ人物が何人かいる。
 初期の登場曲は八代亜紀の「海猫」のオフボーカルで、2013年以降使用されている曲にもその名残がある。

関連タグ

霹靂布袋戲 素還真

関連リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「照世明燈」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 505

コメント