ピクシブ百科事典

霹靂劍魂

ぴーりーけんこん

「霹靂剣魂」とは、霹靂布袋戲で素還真が登場するシリーズの第5作目である。
目次[非表示]

「霹靂劍魂」とは、霹靂布袋戲素還真が登場するシリーズの第5作目である。1990年1月開始で、全20集。

作品解説

概要

 北域の活動が活発になる中、島送りになったはずの歐陽上智が中原に姿を現す。
 誤解とすれ違いと間の悪さが積み重なり、人々を殺し合いへと追い詰めていく様はさすが霹靂。

主な登場人物

 中原一の賢人。社会不安の原因となる歐陽上智の殺害を決意し、半駝癈に協力を求める。

  • 歐陽上智
 かつて武林の頂点にあった男。童顔未老人の協力により中原に舞い戻る。
  • 照世明燈
 手提灯篭が目印の青年侠客。歐陽上智と同一人物だと疑われる。
  • 一線生
 素還真の友人。關足天から名前をもらっている。
  • 關足天
 北域の半分を支配する存在。一線生を使い中原へ侵攻する。
  • 通瑤池
 關足天とともに北域を二分する女領主。女暴君の新たな上司。
  • 女暴君
 かつての歐陽世家の一員。中原での権力争いに破れ、北域に鞍替えする。
  • 冷劍白狐
 中原で一二を争う剣客。歐陽上智に協力しつつ複雑な思いを抱く。
  • 仇魂怨女
 不思議な歌とともに現れる白装束白仮面の女。歐陽上智を深く恨んでいる。
  • 童顔未老人
 雨台齊天塔の主人。十二獣人を完成させ、南覇天を滅ぼす。
  • 普九年
 南覇天の元軍師。童顔未老人との争いに敗れ、新たな希望として「天虎八将」を探し始める。
  • 半駝癈
 老鍛冶にして無類の剣客。北域の者たちを手玉に取る一方、自らの衰えを感じている。
  • 崎路人
 背中に布袋を背負った正体不明の青年。強力な武功を持つ。
 刀狂劍痴の通称で知られる刺客。半駝癈を師と慕いつつ、歐陽上智にも強い恩義を感じている。
  • 蕭竹盈
 葉小釵の妻で金少爺の母。夫や息子との復縁を望んでいる。
  • 金少爺
 葉小釵と蕭竹盈の息子。一銭一命の強さに魅せられ、押しかけ弟子になる。
  • 一銭一命
 一劍萬生と一刀萬殺の弟子。金少爺を自らの復讐に利用しようとする。

関連タグ

霹靂布袋戲 素還真 葉小釵

関連リンク

コメント