ピクシブ百科事典

非凡公子

ひぼんこうし

非凡公子は、台湾のテレビ人形劇「霹靂布袋戲」シリーズの登場人物である。
目次[非表示]

「與生俱來人中首,唯吾與天同齊壽;雙腳踢翻塵世浪,一肩擔盡古今愁。」

概要

吹き替えCV:永島政志

 非凡公子は、1990年代の霹靂布袋戲シリーズで、おもに素還真の敵側として登場した人物である。
 若く聡明な貴公子で、伊賀流忍者の頭目であり、魔界の権力者の血を引き、仏教・道教・儒教の三教主の霊力をも継ぐ、という複雑な設定を持つ。

プロフィール

性別
初登場霹靂狂刀 第32集
退場霹靂圖騰 第12集
出身東瀛
根拠地猜心園、齊天殿、大汗之野、無極殿、海鯨島
身分三教の子、三教聖主、無極殿主、五方主星の「北玄武」
家族魔魁(祖父)、魔魁之女(母)、七色龍(養父)
友人無難佛、萬縷絲
組織伊賀派、黒道大聯盟、霹靂王朝、歐陽世家、魔界
師匠權門宗矩
部下亡命之花、絕崖孤鳩、非常女、蒼雪生など多数
所有物玩鳥棒、釘影定形屍骨針


人物

 東瀛(とうえい)出身。三教主と魔族の血統を併せ持つ、正でありながら邪でもある非凡なる存在。文武両道な貴公子で、詩の才能は素還真も認める。

 登場当初は北武林を拠点として、猜心園(さいしんえん)で小鳥を飼い優雅に暮らしていた。いつも手に持っているものは玩鳥棒(がんちょうぼう)という、籠の中の鳥と遊ぶための道具。
 しかし、素還真への対抗心から犯罪者同盟を結成する等、人々に仇なす存在になり、それに失望した友人や部下を死に至らしめる。
 聡明を自負し、優れた知恵を以て巧妙な戦略を練るものの、高慢で残忍な性格が災いして、多くの人を敵に回し何度も挫折を味わう。それによって冷静さと慎重さを身に着けるようになったのち、「北玄武」として再び武林に足を踏み入れる。

 祖父は魔界の権力者の一人である魔魁(まかい)。「霹靂圖騰」では、最初は魔界のために素還真たちと敵対していたが、祖父が魔劍道の者に殺されたことをきっかけに、素還真たち中原正道に協力することとなる。

関連イラスト

日影
一些練習



関連タグ

霹靂布袋戲
貴公子 御曹司 おぼっちゃま

関連リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「非凡公子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1098

コメント