ピクシブ百科事典

公孫月

こうそんげつ

台湾の人形劇「霹靂布袋戲」シリーズの登場人物。
目次[非表示]

「掛劍樂不問,江湖山水深,靈山忘情月,天涯宦遊人。」

概要

称号:丹楓(たんふう)

男装の麗人。聡明な女性で、人の心の弱点をつかみ優勢に立つことが得意。武林での立場ははっきりしないが、本性は優しく、たびたび中原正道に助言や協力をした。
蝴蝶君とは恋仲で、その後二人は夫婦となった。

プロフィール

性別
初登場霹靂皇朝之龍城聖影 第22集
根拠地浮光掠影
本名黃泉贖夜姬
化身小岳
家族蝴蝶君(夫)、古小月(娘)
義兄弟地理司、鄧九五、東方鼎立、章袤君
友人談無慾素還真、色無極


人物

貴公子の気品と雰囲気を漂う彼女は最初、秦假仙たちから男性と勘違いされ、秦假仙から「公孫公子」と呼ばれた。蝴蝶君が彼女に好意を寄せるときも、業途靈に二人はそのような関係ではないかと疑われた。

本名は黃泉贖夜姬。かつて北域五人組の一員として、多くの人を殺し、手に血を染めた過去を持つ。
彼女は当時の悪行に悔いを感じ、五人組から脱退した。この間で六醜廢人と友人になる。義兄弟たちの陰謀を阻止すべく、素還真たち中原正道と接触し、幾度も助言をした。

蝴蝶君が十八年の歳月をかけて追い求めた最愛の人。彼から「阿月仔」と親しく呼ばれる。
二人の仲は良好で、公孫月はよく蝴蝶君を振り回し、殺し屋だったはずの蝴蝶君を中原正道に協力させることも多い。劇中の二人はまさにバカップルで、そのやりとりは面白く、ギャグシーンもたくさん存在する。

罪惡坑の一件が終わって以降、蝴蝶君、色無極と一緒に中原から離れ、船に乗って海外にある蝴蝶君の故郷に隠棲した。その間で蝴蝶君との関係が夫婦まで発展し、娘の古小月を授かった。

霹靂天命之仙魔鏖鋒」で再び登場し、一家全員で中原の観光を楽しんだ。
夫の蝴蝶君を中原正道に協力させ、娘も夫に託し、一人で先に海外へ帰った。

関連タグ

蝴蝶君 蝶月
霹靂布袋戲

関連リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「公孫月」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1402

コメント