ピクシブ百科事典

霹靂狂刀之創世狂人

ぴーりーきょうとうのそうせいきょうじん

「霹靂狂刀之創世狂人」とは、 霹靂布袋戲で素還真が登場するシリーズの第20作目である。
目次[非表示]

「霹靂狂刀之創世狂人」とは、 霹靂布袋戲素還真が登場するシリーズの第20作目である。
1998年4月開始で、全50集。

作品解説

概要

 「霹靂狂刀」と銘打たれているが、直接の続編ではない。宗教関連の話題と、いくつかの「刀」と「創世狂人」にまつわる物語が展開される。
 前作の終盤に登場した美青年、莫召奴の本格的な活躍はこのシリーズから。

主な登場人物

 中原一の賢人。君夫人に伴われ東瀛に渡るが、死亡したと連絡が入る。

 素還真の息子。素還真に代わって中原の平和を守ろうとし、命を落とす。
  • 創世者
 一頁書の前身とされる、辮髪の宗教者。その信念には魔魁も一目置く。
 心築情巢に住まう物静かな青年。女性と見紛う美貌の持ち主。
  • 九錫君
 莫召奴の友人で、儒教の「天朝署」署長。密かに東瀛勢力と通じている。
  • 淚痕
 莫召奴の身辺を守る刀客。神出鬼没。
  • 白雲嬌娘
 易水樓樓主。素還真不在の中原を掌握しようとする。
  • 帥輕皇
 汗青編主事。中原に勢力を伸ばそうとして素還真の怒りを買う。
  • 截顱
 創世者の弟子。師のために命を落とす。
  • 白妙貫、黑淨空
 仏教の一派「耶摩天」の白黒羅漢。化身して正道の協力者となる。
  • 雲廬劍僧
 巨剣を操る修行僧。かつて魔界武神「斬海」の首を耶摩天に持ち帰った。
  • 龍閣梭羅
 魔域の正統王家、金魔の後継者。魔魁を破り自らの王朝を打ち立てるが、急激に老化する。
  • 椒圖
 龍閣梭羅の后。龍閣梭羅との間に一子をもうける。
  • 狻猊
 椒圖の義弟。
  • 萬鈞勢
 龍閣梭羅の恩赦で煉魔獄から開放された魔将。龍閣梭羅の後継者になる。
  • 斬海
 魔魁と並び称される魔界の英雄。復活し魔界を掌握する。
  • 鬼王棺
 滅境邪霊。煉魔獄に潜む謎の存在から、新たな武功を授かる。
  • 舞造論
 秋水宴という剣客集団の主催者で、武術書『王者之路』の編纂者。
  • 掠食者
 『王者之路』に記された遣い手のひとり。叢林を拠点にする異形の男。
 孤独な剣客。易水樓に殺されかかるが、渡鶴影に救われる。
  • 渡鶴影
 『王者之路』に記された遣い手のひとり。病気が元で雪原に隠棲している。
  • 落煙霞
 『王者之路』に記された遣い手のひとり。渡鶴影の妻だったが、行き違いから彼を恨んでいる。
  • 沉世老叟
 『王者之路』に記された遣い手のひとり。
  • 小還身
 沉世老叟の弟子。素還身に改名を求め勝負を挑む。
  • 無不愛
 本名、舞劍魄。舞造論の息子だが、親子仲は良くない。
  • 龍王魛
 魔界随一の刀客。魔魁との一騎打ちのあと、行方不明になる。
  • 泣花魂
 龍王魛を愛する女性。龍王魛との行き違いから、姿を消す。
  • 赫瑤
 大汗帝國の姫君。男勝りの美人で、莫召奴に好意を持つ。
  • 赫丹
 大汗帝國君主。温厚で徳のある王だが、後継者に悩んでいる。
  • 赫沙
 赫丹の息子で赫瑤の兄。長男ながら野心家で器が小さい。
  • 四飛天
 大汗帝國を裏から操る謎の集団。
 北武林出身の刀客。道教傳人。素還真に協力を申し出るが、葉小釵との間に摩擦が起きる。
 刀狂劍痴の通称で知られる剣客。仏教傳人。亂世狂刀と孫とのことで汗青編に利用される。
 流れ者の若い剣客。儒教傳人。

関連タグ

霹靂布袋戲 素還真

関連リンク

コメント