ピクシブ百科事典

飛翔せよ、わが金色の大翼(ラピタイ・カイネウス)



  • ランク:A
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:1~50
  • 最大捕捉:100人

己が存在そのものを宝具として昇華させた奥義。
“黄金の翼を持つ鳥”への変身を果たし、飛翔しながら突撃することで敵陣にダメージを与え、その傲慢にして純粋な果てなき上昇志向を比喩するかの如く、天高くへと羽ばたいてゆく。

カイネウスの死後、大木の山の中から金色の鳥が飛び出して天に昇ったが、発見者モプソスはそれをカイネウスの魂だと信じたとされるエピソードが存在する。

その逸話は今回の現界でも宝具として具わっているが、この宝具が内包する「肉体の自在変化」という特性が暴走しているという可能性がある。
女性の肉体「カイニス」での現界や、身に具わった獣の特徴は、或いはそのためかもしれない。

関連タグ

カイニス(Fate) 宝具 鳥化

関連記事

親記事

宝具 ほうぐ

兄弟記事

コメント