ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

ゲーム『ジョジョの奇妙な冒険アイズオブヘブン』に登場するオリジナルスタンド。

「DIOが彼の望む“天国”にいくことに成功していたら?」というIFを描いている。


スペック

【破壊力 - 不明 / スピード - 不明 / 射程距離 - 不明 / 持続力 - 不明 / 精密動作性 - 不明 / 成長性 - 不明】


概要

ジョジョの奇妙な冒険 天国DIO

姿かたちは元のザ・ワールドと同じだが、体色の金と白が反転している。

前述のとおり「世界」を一度捨て去って生み出された新しいスタンド、文字通り(人間がさらに先に進むべきとDIOが考える)「天国すら越えた世界」といえる。


つまり形が同じだけでザ・ワールドとは全く別のスタンドであり、時間停止能力はまったく失われている。



能力

その能力は「スタンドか本体が拳で殴った(触れた)ものにDIOの望む真実を上書きする」、すなわち現実の改変。例えば「消すと言う意思」を持って殴れば、相手がどんな能力を持とうが問答無用で消滅する。


「致命傷をなかったことにする」など応用的にも用いられ、文字通り一撃で殺さなければ何度でも復活できる。花京院典明モハメド・アヴドゥルのような死んだはずの人間を蘇生したり洗脳するなど、非常に幅が広い。


洗脳に関しては触れる必要すらなく、紫のオーラを任意の時代・場所に発生させ、取りつかせることで精神を乗っ取ることができる。肉の芽のようなものであるが、「上書きした真実」である以上、ただ打ち倒しただけでは洗脳を解くことができないという徹底的な強制力を持つ。


真実をDIOが望むものに上書きする」その強制力は、スタンドを超えた存在であるゴールド・エクスペリエンス・レクイエム(GER)、敵を狙い続けるタスクact4すらも上回り、劇中では彼らの攻撃を腕の一振りで無効化している

このこともあり、“子供が遊びで話す「スタローンとジャン・クロード・バンダムはどっちが強い?」レベルのスタンド強さ議論”では最強のスタンドとして名を挙げられることも多い。

直接血のつながりがあるジョルノ・ジョバァーナの「絶対に真実に到達しない」GERとは真逆の性質を持っており、その能力に一番早く気付いたのもジョルノだった。


そしてそれを可能にするのは他ならぬDIOによる純粋かつ圧倒的なスタンドパワーである。目をつけられたが最後、時代を超えようが世界を越えようが、ヘリクツ抜きの力業で敵を目の前に引きずり出すポテンシャルを秘めている。

この能力を考えると「このDIO」は吸血鬼としての再生能力とそれ故に太陽が苦手という弱点も、オーバーヘブンの力で上書き…つまり以前と異なり、昼でも活動可能である可能性すらある。


これ以外にも詳細は不明だが雷を落とす攻撃を用いる。

まさに『天国に到達した神』を名乗るにふさわしい攻撃である。


弱点

  • 燃費の悪さ

「真実の上書き」には膨大な「魂のエネルギー」を消費する上、次に能力を使えるようになるまでの時間も非常に長い。

このため、作中では普通に他のキャラにやられているシーンが意外と多い(ただの相手に絶望感を与えるためのナメプの可能性もあるが)。

身体が吸血鬼でタフなお陰なのか、攻撃を受ける度に何とか持ちこたえ、その度に毎回、自身のダメージをオーバーヘブンで回復していた。

ただし、連続使用自体は出来るようで、作中では連続3回は使用している。

そのため、そこまでハンデにはなっていないかもしれない。


  • 拳の必要性

他の近距離パワー型のスタンド同様、拳を使えなければ「真実の上書き」はできない。

このため、両腕を失うと再生するまで能力を行使できなくなる。


その後

承太郎もまた天国に到達したDIOとの戦いの中で「スタープラチナ・オーバーヘブン」に覚醒して勝利。

DIOの死後は承太郎のスタンド「スタープラチナ・オーバーヘブン」として能力と名前の一部が引き継がれるようになった。


関連タグ

天国に到達したDIO ザ・ワールド

ジョジョの奇妙な冒険(本編以外)・スタンド一覧

スタンド

DIO

関連記事

親記事

ザ・ワールド ざわーるど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12947

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました