ピクシブ百科事典

馬鹿は来る!

ばかはくる

厳重に警備されたインダス補給基地を襲撃しに来た馬鹿(トロワ・バートン)に対する言葉。

ワーカー「敵は来る」
ボナーパ「敵が来るだと?この警備で攻める馬鹿はおらん!」
ゼクス「馬鹿は来る!」

概要

新機動戦記ガンダムW第3話「ガンダム5機確認」のゼクス・マーキスの台詞。
スペシャルズの選考から漏れた連合軍のボナーパ指令はスペシャルズばかりが優遇される軍の傾向に大きく不満を持っていた。そこにインダス補給基地にガンダムが向かってくるという情報を知り、スペシャルズを見返してやろうと独断で自軍を基地の警備に出撃させる。

だがゼクスは桁外れの性能を持つガンダムや、行動力でこちらの予測をはるかに上回り無茶とも言えることをやってのけるそのパイロットの脅威を知っていたことから厳重な警備をしようが確実に基地に襲撃に来ると確信しており、「馬鹿」とはある意味そんな強い覚悟を持ったガンダムのパイロット達への賛辞とも取れる表現である。
実は冒頭の台詞は三人はそれぞれ離れた場所(ワーカー:インダス基地に向う途中、ボナーパ:インダス基地、ゼクス:地中海コルシカ基地)におり回線を開いているわけでもなく、あたかも会話が成立してるかのように見せているだけだったりする。

実際この直後トロワ・バートンが駆るガンダムヘビーアームズが襲撃しており、しかもボナーパの戦術を「戦術的に見て少数を倒すには退路を断ち、集中放火を浴びせた方が確実な戦果を挙げられる。この場合、包囲・殲滅という作戦を取った敵の司令官の判断は正しい。だが…こちらの戦力を把握する前に行動を起こすべきではなかった」とあっさり論破している。
ここで言う把握すべき戦力とはガンダムを構成するガンダニュウム合金が電磁波を吸収し、レーダーに映らないという特性を指し、数による殲滅も敵が見えなければ何の意味もない。

結局ボナーパは自軍の多くを失い、皮肉にも自らが憎んでいたスペシャルズのワーカー特士が指揮するエアリーズ隊に助けられるという盛大な墓穴を掘ってしまった。

関連タグ

新機動戦記ガンダムW ゼクス・マーキス トロワ・バートン ガンダムヘビーアームズ

pixivに投稿された作品 pixivで「馬鹿は来る!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 266

コメント