ピクシブ百科事典

黒バス14話エンドカード事件

ただねそべってるくろこにてをあてているだけ

アニメ『黒子のバスケ』第14話で放送された黒子テツヤ・青峰大輝の組み合わせのエンドカードのこと。寝そべっている黒子の額に、座っている青峰が手を当てている。第1話エンドカードと対比するかのような構図。
目次[非表示]

黒バス14話エンドカード事件は、アニメ『黒子のバスケ』第14話で放送されたエンドカードのこと。

概要

もはや毎週恒例になりつつあるアニメスタッフから一部のお姉さま方へのご褒美。
ベンチ(明確に描かれていない)に寝そべる黒子テツヤと、その横に座り黒子の額に手を当てている青峰大輝のイラスト。

前回の第13話で「キセキの世代」のエース・青峰が遂にアニメに登場したため、彼もいずれ例のエンドカードで描かれるであろうことは想像に難くなく、一部のファンの間では「今度は何をやらかしてくれるのだろう」と、アニメスタッフへの不安にも似た期待が高まっていた。
が、待ちわびていた最新エンドカードはファンの想像・妄想を遥かに超える出来であった。

第1話エンドカードとの対比

一見すれば帝光時代の仲睦まじい青峰と黒子のツーショットである。
その構図はアニメ第1話の火神大我と黒子のエンドカードとほぼ同じ(黒子が寝そべり、火神が横に座っている)。

ただし細かい部分に違いがあり、凛々しい表情を見せる火神に対し、青峰は微笑みのような複雑な表情で黒子を見ており、またその左手は仰向けに横たわる黒子の目をふさいでいる為、黒子の表情は確認できない。

表情の他にも、二人の鞄やボール、黒子の両手の位置等随所に新旧相棒との関係を暗示するような対比が見られ、青峰と黒子の過去及び今後の展開を考えると非常に切なく意味深な一枚となっている。

詳しい考察はこちらを参照。

【黒バス】1話&14話エンドカードの比較と考察【まとめ】



備考

第14話のサブタイトルは「そっくりだね」。誰と誰を指しているかは言うまでもない。
本編には水着姿の桃井さつき相田リコが登場。男性にとっても嬉しい回となっている。エンドカードばかり取り沙汰されるが、とりたてて特定の層の需要だけに応えているわけではない。

関連タグ

14話エンドカード事件:本タグと同じ目的で作られたタグ。他作品との重複のおそれから、利用が推奨されないことがある。

黒子のバスケ 黒子テツヤ 青峰大輝
黒バスエンドカード事件簿 光と影トリオ

腐向け 黒バス【腐】
青黒 光サンド 切な青黒

pixivに投稿された作品 pixivで「黒バス14話エンドカード事件」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 856366

コメント