ピクシブ百科事典

相田リコ

あいだりこ

相田リコとは、漫画『黒子のバスケ』の登場人物である。
目次[非表示]

「バスケはおバカでもできるわよ! でもおバカじゃ勝てないのよ!」

プロフィール

所属誠凛高校2年生監督兼マネージャー
身長156cm
体重ナイショ!
誕生日2月5日
星座みずがめ座
血液型A型
座右の銘有言実行
好きな食べ物セロリ
趣味ゲーム(主に育成系・パズル系)
特技編み物、選手がケガしない範囲で練習量を気まぐれに倍増させる事
苦手な事必要以上に女の子らしくふるまう事
オフの過ごし方買い物、ジムの手伝い
好きな異性のタイプ何かに真剣に打ち込んでいる人
委員会生徒会副会長
家族構成父・母
注目している選手若松孝輔
CV斎藤千和(アニメ)、藤村歩(VOMIC)


概要

女子にして、というか誠凛高校生にして男子バスケットボール監督を務める(作中での表記は「カントク」である※後述)。

気が強く、やる気がある者のみの入部を認め、部員をトレーニングでしごき、試合前の選手に気合いを入れるなど、誠凛バスケ部の発展に一役も二役も買っている。その分、部への誇りも高く、部員を見下す者には本気で対抗心を見せる。色気は無いけど可愛い。

スポーツトレーナーの父・景虎の下に育ち、幼い頃からスポーツ選手のデータと肉体を繰り返し見てきた経験から、身体を目で見るだけで対象者の身体能力や肉体の疲労度合いを数値化して分析することが可能という『読みとる眼(アナライザー・アイ)』を持つ(その呼び名を本人はあまり気に入っていないらしい)。
ちなみに着衣上からよりも裸体の方が正確に分析できるため、身体チェックの際には部員にパンイチになることを命ずる事も。

部の練習に父親が経営するスポーツジムのプールを使ったメニューを取り入れたり、連携や実践練習で様々なボールを使った方法を提案したり、選手其々に合った練習メニューを与えるなど、高校2年生ながら監督としての技量は高い。ただし、その場の気分で選手にキツいトレーニングメニューを考案したりとスパルタな一面もある。何かしら良からぬことを企んで機嫌が良い時にはスキップをすることが多い。そして部員が警戒する。

誠凛男子バスケ部にはマネージャーがいないため、ハーフタイム中に選手にマッサージを施したり合宿中の食事を作るなど、マネージャーのような立ち位置も兼ねている。
部員からは役割と愛称の意味を込めた感じで「カントク」と呼ばれ、彼女は部員の事を基本的に「君付け」で呼んでいるが、木吉とだけは下の名前で呼び合っている。
この理由については、最終巻のファンからのQ&Aに作者が答えるコーナーで明らかになった。なお、元々日向からもリコと呼ばれていたが、創部して最初の練習から「カントク」に変わっている。

日向伊月とは同中出身。特に日向とは家が近いらしく、中学時代からよく日向がリコの家のジムを利用しに来ていて、リコもその姿をよく見ていた。
木吉らがバスケ部を立ち上げるにあたって彼女を勧誘するが、当初は、今の中学高校バスケはどこも帝光中学校やそのOBの圧倒的力の前に勝つことを諦め一番を目指す気がないという理由で、入部を拒否していた。(伊月曰く、この言い草は特に高校に入ってバスケをやらなくなった日向のことも指しているらしい)
しかし、朝礼での校舎の屋上からの木吉たち、そしてバスケを諦めていたと思っていた日向の目標宣言を聞いて彼らの本気を確認、その心構えを気に入ってバスケ部に入部した。

バストサイズは桃井曰く「ギリギリB」。本人もその小ささを非常に気にしており、巨乳かつ色気のある女(とそれに目が釣られる男共)を敵視している(部室からその類のブツが見つかった際にはどエラいことになる。)。又、その事を丞成高校の鳴海大介に腐された際には笑顔で「ぶち・殺・せ♡」のサインを出しつつ殺気をまとっている。

頭脳明晰で、中間テストでは2年生305人中2位の座を獲得している。故にか「バカガミ」の命名者で口癖でもある。
また、生徒会副会長でもある。
その反面、料理が壊滅的に下手。レモンのハチミツ漬けはレモンを丸ごとハチミツにブッ込んだだけ(某彼女も同じことをしている)。いつも日向達に「切って!」と言われるらしいが、「丸ごと食べればビタミンがとれるし、皮はしっかり洗ってあるから!」という理由からそのまま。そのたび、水戸部が切ってあるハチミツ漬け(手作り)を持ってきてくれるため、日向達は助かるが、彼女は結構ショックを受けている。
ちなみに、カレーも野菜や魚が丸ごと入っていた。火神の指導で普通のカレーが作れるようになったかと思いきや、サプリメントも同時に摂取させようと、皿によそった時点で加えていたりするので、酷い味になってしまっていた。ちなみに小説第4巻にて、彼女の母も若い頃は料理が下手だったことがほのめかされている(現在は不明)。
父親からは溺愛されているが、その変態的愛情には偶に鉄拳を返している。しかし嫌っているということはなく、小説では父の日に何も渡せなかったのと日頃の感謝を込めてサングラスを贈っている。

年度最後の大会・WC(ウィンターカップ)に臨むにあたって、願掛けと称してを伸ばし始めた。ただし、鬱陶しいということで基本的にロングにするつもりは皆無らしい。
229Qにて、決勝を目前に願掛けは必要なくなったとして日向に髪を切ってもらったので、現在は連載当初のようなショートカットである。

首から下げているホイッスルは創部時に日向木吉伊月水戸部小金井から贈られたもの(土田は入部前)で、色は淡いピンク。余談だがエプロンやTシャツ等、何かとクマさんグッズを所持している。

余談

実は野菜や肉や魚を丸毎入れて煮込むカレーやシチュー等の煮込み料理がちゃんと存在している。但し本来は組織が煮崩れる迄煮込む為にその煮込みに要する時間は相当なものとなる。その為に、この種の調理の場合には圧力鍋を利用する事で調理時間を短縮する事が多い。

恐ろしい事にそれは降臨した

ニコニコ動画にこの丸毎蜂蜜漬けレモンを作った猛者がいた。尚、実際はレモンの皮が蜂蜜の成分の浸透を阻害する要因となっている為に、薄切りで漬け込むのは理に適っている

関連イラスト

☆
無題


【黒バス】リコたそ



関連タグ

黒子のバスケ 誠凛 誠凛△ 誠凛□ 黒バス女の子組 相田父娘 特殊眼組
日向順平 木吉鉄平 伊月俊 小金井慎二 水戸部凛之助 土田聡史
黒子テツヤ 火神大我

CPタグ

順リコ 木リコ 伊リコ 火リコ 黒リコ 黄リコ 赤リコ 実リコ 高リコ 緑リコ

百合CPタグ

桃リコ リコ桃 アレリコ

pixivに投稿された作品 pixivで「相田リコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8383851

コメント