ピクシブ百科事典

テツヤ2号

てつやにごう

テツヤ2号とは、漫画『黒子のバスケ』のキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:野島裕史

誠凛高校男子バスケ部で飼われている。捨て犬だったのを黒子が拾ってきた。名前の由来は黒子とがそっくりなため。名付け親は小金井
やけに人間臭いところがあり、特にバスケに対しては妙に反応が良い。人懐っこいが、犬が苦手な火神には恐れられている。
他校の面々の中でも黄瀬桃井は黒子に似ていることから、青峰はバスケへの反応が良いことから気に入っている。ただし、緑間は後述の2号の目への不快感に加え、幾度もチャリアカーの荷台に粗相されたため嫌っている。
誠凛バスケ部ユニフォーム(もちろんサイズはこの犬用)を着ていることもある。背番号16。
年齢は定かではないが、1歳ほどらしい。
アニメではあちこちで可愛らしい動作を沢山見せてくれている。
声は伊月と同じ人が演じている。

登場時期の差異

登場時期が原作とアニメで違っており、原作ではIH後に、アニメではIH予選の秀徳戦後(お好み焼きの後)に拾われた。
EDにも第1期1クール目から登場している。

登場時期の差異が齎した展開はどうなるのか?

原作では、11巻のWC予選リーグの誠凛vs秀徳(引き分け)戦後にて桃井黄瀬緑間とテツヤ2号は出会った。
その際の反応は、
黄瀬 → 何か誰かに似てる
緑間 → 見てると無性に腹が立つ(緑間は黒子の「何を考えてるか分からない目」が気に食わないと明言している)
桃井 → 可愛い以上に見てると何か好き(御存じの通り、桃井は黒子が好き)
である。
この3人の許に、2号を探していた黒子が来て「次も試合しよう」という旨の会話をするのである。
このシーンはそれなりに大事なシーンと言えるのだが、1期にて桃井はIH予選の桐皇戦前のプール練習の時に、黄瀬はIH準々決勝・VS桐皇戦のインターバル時に既に2号と出会ってしまっているため、このシーンがどのように改変されるのか、気になるところではある。
そして第32Qにて上記シーンが流れたが、
黄瀬 → あれ、コイツ…
桃井 → ユニフォーム着てる、可愛い!(初対面時は着ていなかった)
と、既に会っていた二人はこのようなセリフ変更が行われたぐらいで、普通に流れた。
ちなみに第1期で桃井に会った時、2号はそっけない態度を取っていたが、今回は普通に桃井に抱っこされていた。

第2期1クールEDの差し替えカットにて、毎週誰かと一緒にいる2号が見られる。

話数詳細一緒にいるキャラ
第26Q部室で火神にユニフォームを着せてもらっている2号。外からその様子を見守る黒子火神・黒子
第27Q誠凛バスケ部1年生とおでかけ。2号は黒子の上着のフード部分に入っている。様子を見るに新ユニフォームを取りに行ったもよう。誠凛一年
第28Q誠凛バスケ部2年生とおでかけ。2号は木吉に抱っこされている。初代誠凛バスケ部
第29Q28Qから連続しているようで、どこか飲食店(38Qでお好み焼き屋と判明)に入った様子。外の様子が気になる2号。木吉・日向伊月水戸部小金井土田
第30Qそのまま店から出てしまったのか、1匹で別の店内(おそらく書店)を見ている2号。そこには黄瀬と笠松の姿が。黄瀬・笠松
第31Qまたも別の店内(おそらく靴屋)の様子を見ている2号。そこには森山早川小堀の姿が。森山・早川・小堀
第32Q繁華街から出たのか、ストバスコートがある所に。一人でバスケしてた青峰に近づく2号。青峰
第33Q公園の一角で今吉若松諏佐桜井の桐皇メンツと出くわす。桜井が取りそこなったボールが当たり、不機嫌な顔の2号と、そんな2号に頭を下げる桜井。今吉・若松・諏佐・桜井
第34Qとあるカフェにて男子組とは別行動だったらしいリコ(28Qと同じ服)と、一緒の席にいる桃井。窓の外には二人には気付いてない2号の姿が。リコ・桃井
第35Q私服姿のチャリアカー組と遭遇。緑間のラッキーアイテムに飛びつく2号。緑間高尾
第36Q秀徳3年生とも遭遇。2号は高尾に抱っこされているが、硬直している。緑間に投げられると思ったか、投げられた後かは不明だが、吹き出しには緑間に投げられる2号の姿が。緑間・高尾・大坪宮地木村
第37Q東京観光に来ていたのか、陽泉Wエースと遭遇。まいう棒を乗せられそうになってる2号。紫原・氷室
第38Q2号と出会ったお好み焼き屋で、新ユニフォームのお披露目。もちろん2号用もバッチリ。誠凛バスケ部

関連イラスト

輝く居場所に


さあ
テツヤ2号(練習)



関連タグ

黒子のバスケ マスコット 誠凛

コンビタグ

2黒 テツヤ1号2号

pixivに投稿された作品 pixivで「テツヤ2号」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3025751

コメント