ピクシブ百科事典

黒田慎平

くろだしんぺい

ブギーポップシリーズに登場する統和機構の合成人間。通称「スケアクロウ」

CV:近田和生(Boogiepop Phantom) 、宮内敦士(第2作目)

人物

MPLSの探索が任務の合成人間。表向きの仕事は探偵
原作『夜明けのブギーポップ』およびアニメ第1作目の『Boogiepop Phantom』ではイケメンといった感じで、アニメ第2作目ではハードボイルド映画が似合いそうな中年の姿をしている。
「岸田一朗」の名で寺月恭一郎の身辺調査中に、寺月の建てた病院に入院中の霧間凪に出会う。
MPLS保有者だが“進化”により死にかけていた凪の命を救うため、統和機構の施設から薬品(人間の進化を促すもので、凪に投与することで相殺できた)を盗み出した。彼女は助かったが自身は反逆者としてモ・マーダーに殺害された。
死の間際にブギーポップと出会った。ブギーポップのマントはこの時に彼から譲られたものが由来。
後に凪がメサイヤ・コンプレックスになったのはスケアクロウが「正義の味方になりたい」と語った事が大きく、彼女の生き方に影響を与えている。「ブギーポップ」の名も今際の彼がその姿を見て「不気味な泡みたいだ」と語ったことによる。

来生真希子は彼が凪に投与した薬を自ら投与したことで進化、連続猟奇殺人を引き起こした。
この件で末真和子も猟奇殺人のターゲットにされそうになっており、これが犯罪心理学や他のシリーズでの事件に関わる性分につながっている。

同じ統和機構の合成人間ピジョンは淡い恋心を抱いており、彼を殺害したモ・マーダーへの憎しみを真希子に利用されて死亡した。

関連タグ

ブギーポップは笑わない スケアクロウ

関連記事

親記事

統和機構 とうわきこう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「黒田慎平」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 792

コメント