ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

上遠野浩平

かどのこうへい

日本の小説家。『ブギーポップは笑わない』など、SF・ミステリー色の強い作品を発表している
目次 [非表示]

上遠野浩平とは、ライトノベルSFミステリ作家。

代表作品に『ブギーポップは笑わない』(ブギーポップシリーズ)、『ぼくらは虚空に夜を視る』(ナイトウォッチ三部作)、『殺竜事件-a case of dragonslayer』(事件シリーズ)など。


苗字は「かどの」と読む。一般にニックネームは「かどちん」。

あとがき――――上遠野浩平のいる概要

『ブギーポップは笑わない』で第4回電撃ゲーム小説大賞(1997年)を受賞してデビュー。時雨沢恵一西尾維新奈須きのこ等の作家に影響を与えたことで知られる。電撃文庫の方向性さらにはライトノベル全体の流れをファンタジーメインから学園モノ伝奇エブリデイ・マジックへと展開させるきっかけとなった作品の一つ。


作風はSF色が強く、超能力を中心にスペースオペラロボット等の要素も投入される。先述の通り日常世界と接した非日常を描く作品が主軸である。事件シリーズ戦地調停士シリーズ)のようにファンタジー要素を取り込んだミステリも見られる。


作風の最大の特徴として「夢を諦めることの美しさ」「夢を叶えることの虚しさ」を強調して描くことが多く、幸せを掴みとる、謳歌するようなキャラクターはほとんど現れない。

しかし「戦車のような彼女たち」では例外的に人が夢を叶える美しさを描いている。


後、戦車戦闘機に詳しいという特徴もある。


上遠野の描く作品は多くが相互に関連しており、登場人物が共通したりある作品での事件が別の作品に影響したりといったケースが多い。しかし個々の作品あるいはシリーズは、一般に単体としても完結し、個別に読み始めることも可能となっている。


特に戦地調停士シリーズはクロスオーバー要素が薄いので、作者の作風を知りたければまずこれを読むと良いだろう。


その他

漫画家荒木飛呂彦に影響を受けている。

2011年には「ジョジョの奇妙な冒険」Part5「黄金の風」のノベライズスピンオフ、『恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-』を執筆。

更に2022年1月から連載がスタートした、Part4「ダイヤモンドは砕けない」のスピンオフ漫画『クレイジー・Dの悪霊的失恋』の原作を担当している。


関連イラスト

私とかどちんの100の問答事件シリーズ

走る!コギトピノキオの遠隔思考


主な作品・シリーズ

ブギーポップは笑わない

ビートのディシプリン

ヴァルプルギスの後悔

螺旋のエンペロイダー

しずるさんシリーズ

“ソウルドロップ”シリーズ

ナイトウォッチ三部作

事件シリーズ


関連項目

SF ライトノベル エブリデイ・マジック 伝奇

関連記事

親記事

小説家 しょうせつか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 294220

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました