ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要編集

ティンタジェル付近に工房を構える鍛冶職人。ドワーフのようなずんぐりした体型と蓄えられた髭が特徴の土の氏族の妖精。アルトリア・キャスターの鍛冶好き及び千子村正を信頼する一因となった人物。汎人類史とは異なりこちらでは親子関係ではないが、アルトリアは彼を慕っていた。

妖精嫌いで所謂「頑固親父」のような厳つい雰囲気だが、アルトリアに髪飾りをプレゼントしようとする等の優しい一面もある。

アルトリアと出会った際の第一印象も良くなかったが、成り行きで彼女に仕事を手伝わせることに。


アルトリアが村を離れた際には変装用の耳当て付き帽子(第1再臨の帽子)を渡して送り出した。その際に彼女のことを「誰が何と言おうとお前は予言の子だ」「あのお方にそっくりだ」と言っていたが……。


彼の正体は、救世主トネリコの仲間の1人かつハベトロットの服飾技術の師である妖精騎士の1人黒騎士エクター本人で、2000年以上の歳月を隠遁生活を送る形で過ごしていた。

アルトリアとの会話で見せていた意味深な部分もその過去が理由である。


自身の身分を隠しつつアルトリアの支援を行うという目的自体は成功しかけていたのだが、アルトリアを妬んだ妖精による告発で最終的にその目的は破綻、幽閉されていたアルトリアを救出する際に「悪妖精」となり果てたティンタジェルの住人達から受けた傷が元で、アルトリアに『選定の杖』を渡した後に息絶える事となった。

キャラクターデザインはネコタワワ

氏曰く「当初、GOAのエクターのイメージをドワーフ体型に落とし込めなくてオロオロしてましたが、ストーリーの力はすごかったです…!」


関連タグ編集

Fate/GrandOrder

アルトリア・キャスター 妖精円卓領域アヴァロン・ル・フェ

エクター(Fate)…汎人類史の同名の人物についてはこちら。

関連記事

親記事

妖精國 ようせいこく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29675

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました