ピクシブ百科事典

CDS

しーでぃーえす

CDSとは、第2次スーパーロボット大戦Z再世篇における機体の機能のひとつである。

CDSとは、コイン・ドロップ・システム(Coin Drop System)の略称

詳細

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇にて、クロウの新たなる機体リ・ブラスタに搭載された装置である。

リ・ブラスタにはスフィアと呼ばれる黄道十二星座に対応する特殊な動力源が使われており、スフィアが持つ属性を適合者であるパイロットが持つ事で爆発的な出力をはじき出す事ができる。
その反面、表裏一体となる副作用が存在し、クロウが保有する『揺れる天秤』のスフィアは
『決して折れぬ強固な意志』
を代償とし、副作用として
『一つのことしか考えられなくなり、我を忘れて暴走する』
という問題を抱えていた。
その問題を解消すべく搭載されたのが『CDS』である。
システムの内容は、
スフィアの出力が一定以上になるとコインの落ちた音が鳴る
という非常に単純なもの。
クロウは重度の守銭奴であり、スフィアに自我を奪われた状態になろうと小銭の音を聴けば本能的に反応してしまうため、暴走状態から強制的に開放することが出来るのである。
このシステムによって、スフィア使用時でも自我を保つことに成功し、見事にパワーアップを果たした。
が、そのあまりにもマヌケ過ぎる内容に『ZEXIS』のメンバーやプレイヤーからは当然呆れられた。
特に『CDS』の内容が明らかになるまでクロウの命に関わるような非常にシリアスな展開が繰り広げられていただけにその落差はあまりにも大きいものであった。
だが、マヌケ過ぎる内容ゆえに見逃されがちだが、この方法は重度の守銭奴であるクロウだからこそ成立する事であり、そもそも『揺れる天秤』のスフィアは意思の力に直接影響を及ぼす効果を持つ故に、一度取り込まれたが最後自分の意思ではどうする事も出来ないのである。
もしクロウ以外の人間が『揺れる天秤』のリアクターとなっていたならば、最悪意思の暴走を止める手段が存在しないという事態に陥っていた可能性も高い。

忘れられがちだが、『揺れる天秤』のスフィアはスフィアの中でもかなり危険な部類なのである。

ちなみにこの『CDS』は、トライア・スコートがクロウのために無償で装備してくれたものである。
が、この『CDS』にはひとつだけ大きな問題点が存在し、EDでそれを知ったクロウは愕然とすることになる。

リ・ブラスタの技アンブレイカブル・フルクラムを使い音をよく聞くと、クロウの全身のカットが入る場面と波動砲みたいなものが飛んでいくところの2ヶ所で小銭を落としたときの様な「ちゃり~ん」という音が実際に鳴っている。

なお、音は録音ではない

以下に問題点の理由を書きます。
ネタバレなので見たくない人はスルーしてください


























使用時に実費で1Gがかかる。EDまでに100万回使ったという設定なので結局はEDを迎えても借金が100万G残る事になった。
ちなみに、100万回は365日間毎日、2時間の戦闘を10回やったとしても、1分間に2、3回発動したとしても不可能らしく、トライアが嘘を言ってクロウを、ラボにおきたかっただけなのかもしれない。

pixivに投稿された作品 pixivで「CDS」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40684

コメント