ピクシブ百科事典

STB-1

えすてぃーびーわん

STB-1とは、74式戦車の試作段階で作られた試作戦車である。
目次[非表示]

正式には「74式戦車第1次試作車第1案」とも呼ぶ。

開発経緯

1964年に始まった74式戦車の試作段階は三段階に区分することがでる。第一段階はサスペンションの性能試験用の車体のみのもの(STT)、第二段階は金に糸目をつけない野心作、第三段階は逆に費用対効果を主眼としたものである。

STB-1はこのうち第二段階、すなわち野心作として開発された試作車であり、そのため後の74式にはないリモコン対空機銃や半自動装填装置、二段変速バックギアなどの装備が搭載されていた。他にも細部で異なる面がいくつかあったようだが、上記以外は概ね74式と大差ない。
因みにSTB-1開発に関わった人物は「量産車とはエンジン音からして違った(軽かった)」「細部の作りが丁寧で、綺麗だった」「砲塔の内部は量産車と違い近未来的だった」と感想を述べたという。

STB-1は1972年の観閲式で国民に一般公開され、避弾経始に優れた車体の形状は当時の人々を驚愕させたとか。(まぁ2年後の74式戦車で初めて披露された油気圧サスペンションには国民どころか先進各国が揃って驚いたのだが

ゲームにおいて


日本Tier10中戦車として実装されている。74式でないのはそちらが未だ現役であり詳細な性能が機密扱いだからだと思われる。
実装当初は油気圧サスペンションのシステムがゲーム側になかったため、残念ながら車体を傾ける事は出来ない。が、その代わりに実車より仰俯角が水増しされており、地形適応能力は高め。この仕様は油気圧サスペンションシステムを実装したStrv.103シリーズが実装されてからも変わっていないが、今後変更されるかは不明である。
攻撃面では装填が早めでありDPMが高いものの、射撃精度が低めでありしっかり狙って撃つ必要がある。防御面では車体は薄い部類に入るが、砲塔正面は防盾+傾斜装甲で割合硬く、狙いの甘い砲弾は弾いてくれる。機動力はTier10中戦車としては平均的で、陣地転換も難なく行える。
つまるところ、稜線射撃が得意で平地での撃ち合いが苦手、という性質が強いものの、全体的に性能は高め。
突出して強い面はないものの、バランスの取れた性能なので使い方次第で十分活躍できる。

日本ランクV中戦車として実装された。こちらは油気圧サスペンションが再現されており、車体を傾ける事で地形適応能力と防御力が高まる...が、どうやらこちらではそもそも装甲が薄めらしく、不用意に頭を出すと貫通されるため注意。またターレットリング部の装甲が20mmと激薄であり、車載の重機関銃にも貫通される。十分注意すべし。
また、最近までSTB-1が技術ツリー最高峰だったのだが、アップデートでなんと74式戦車が実装された。
先に言った通り74式戦車は現役であり詳細な性能は機密扱いだったはずなのだが...運営はどこでスペックデータを手に入れたのだろうか...?

関連タグ

戦車 74式戦車

pixivに投稿された作品 pixivで「STB-1」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86

コメント