ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

Yak-130

やーくすとーとりーっつぁち

ロシア空軍の複座高等練習機。NATOコードネームは「ミットン」。導入予定機数は200機。
目次 [非表示]

概要編集

旧ソ連圏で普及したL-39の後継機として開発された。1機あたりの価格は1500万USドル(量産仕様機は2004年4月30日初飛行)。与圧式のコックピットに航法と武器照準用の『ヘッドアップディスプレイ(HUD)』と共に『3画面カラー多機能ディスプレイ(MFD)』を備え、座席に『ゼロ/ゼロ方式射出座席』を装備。

また、『機上診断・制御システム(MIL-STD-1553B)』を自動化したものを備え、運用と整備を簡略化。

既存の設備インフラを最大限利用して最終的な製造コスト大幅カットに成功している。

未舗装の滑走路からの運用も配慮されており、降着装置には低圧タイヤを装備し、エンジン吸気口には異物吸入を防止する開閉式カバーを備えている。

武装して軽攻撃機としても使用可能で、計9つのハードポイントに3トンまでの武装を搭載できる。


ロシアの他、アルジェリアベラルーシバングラデシュミャンマーベトナムといった親露国家に輸出されている。


当初はイタリアアエルマッキとの共同開発であったが、最終設計仕様で両社が合意できず決別した経緯があり、その後、かつての開発パートナーであったアレーニア・アエルマッキが、兄弟機となるM-346高等練習機を開発している。

バリエーション編集

  • Yak-131

Yak-130ベースのマルチロール単発軽戦闘機。2021年7月20日(火)から7月25日(日)まで、モスクワ・ジュコーフスキー飛行場で開催された『MAKS国際航空ショー2021』にて開発計画の実態が披露された。Yak-131に搭載される『Klimov VK-10M』アフターバーナー付ターボファンエンジンの単発推力は、アフターバーナー使用時には107.9kNにも達する(『ファゾトロン(NIIR)』開発『ジューク-A(FGA-29)/輸出型ジューク-AE(FGA-35)』AESAレーダー標準装備)。なおオプション装備として推力偏向ノズル(TVC)の装備も可能。

※【『MAKS国際航空ショー2021』にて披露されたYak-131マルチロール単発軽戦闘機モックアップ(上部及び底部)】

Yak-131マルチロール単発軽戦闘機モックアップ上部

Yak-131マルチロール単発軽戦闘機モックアップ底部

現行の第4.5世代単発ジェット戦闘機との比較編集

開発国噴式推進器アフターバーナー出力搭載機種
アメリカ合衆国ゼネラル・エレクトリック F414-EPE120.0kNT-7A レッドホーク
大韓民国ゼネラル・エレクトリック F414-GE-400K120.0kNFA-50 ファイティングイーグル
ロシア連邦共和国クリーモフ VK-10M107.9kNYak-131
スウェーデン王国ゼネラル・エレクトリック F414-GE-39E98.0kNSAAB JAS 39E/F グリペンNG(Next Generation)
インド共和国ゼネラル・エレクトリック F414-GE-INS698.0kNテジャス Mk.II

関連動画編集

関連記事

親記事

練習機 れんしゅうき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2918

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました