ピクシブ百科事典

e・ラー

えらー

e・ラーとは、漫画版「遊戯王ZEXAL」の登場人物である。
目次[非表示]

※以下、漫画版ZEXALに関する重大なネタバレを含みます。

【VJネタバレ】絶望の神

































概要

『我が名はe・ラー…お前たちの希望の光を消し去る絶望の神…!』

漫画版ZEXALラスボスであり、八雲興司を影から操っていた張本人。九十九遊馬神代凌牙天城カイトら3人と八雲のデュエル中、八雲のライフが尽きる寸前に現れた。
その正体は、全世界に存在する「希望の光」の影に生じた「絶望の闇」から生まれた破壊神であり、アストラルはe・ラーに対抗するためにアストラル世界から遊馬達の世界へとやってきた。

希望の臭いを嗅ぎつけ、ありとあらゆる空間を跳躍する力を持ち、その力によって希望を持つ世界を見つけ出しては破壊し、それによって生じた絶望を己の糧としてきた。破壊した希望は全てe・ラーの支配する空間に墓標として並べられている。

そして、特に強い希望の力を持つアストラル世界と遊馬達の世界に目を付けたe・ラーは、この2つの世界を破壊するべく行動を起こす。
天城ハルトの病とそれに端を発したDr.フェイカーの異世界への執着、そして八雲を取り巻く不幸は全てe・ラーの呪いが原因であり、それらの不幸によって生じた闇もe・ラーの力となっていた。
また、八雲を憑代に選んだのは、彼が遊馬、凌牙、カイト同様にアストラル世界の真の力を開放できる四神官の生まれ変わりだからであり、彼を自分の手駒とすることで四神官全員の魂が敵となることを防ぐ目的もあった。
遊馬達の世界に来たアストラルの記憶がナンバーズとして散り散りになったのも、e・ラーの干渉があったためである。

いうなれば本作の全ての元凶であり、その非道な行いは遊馬達の怒りを買い、八雲のデュエルを引き継ぐ形で世界の命運を賭けたデュエルを行うこととなる。

ちなみに、遊戯王シリーズにおけるラスボスキャラの中でも初の女性ラスボスである。

デュエルにおいては「ストレイン」と名のつく少々グロイ外観のモンスターと、相手モンスターの姿をコピーした「e・ラーモンスター」という、遊戯王R邪神アバターと似たような性質を持つモンスターを使用する。そして切り札はエクシーズ召喚を封じる「絶望神アンチホープ」

細かい設定などは異なるが、アニメ版におけるドン・サウザンドとほぼ同じ立ち位置であり、外見も正に女版ドン・サウザンドともいうべき容姿をしている。

余談

8巻のこぼれ話にて、実は当初は八雲がラスボスで彼女の出番はなかったということがストーリー担当の吉田伸が語っている。
しかし作画担当の三好直人が八雲を描くのを飽きたために彼が気持ちよく漫画を描けるように急遽考えたキャラクターなのだが、メイン画像を見てもわかるとおりe・ラーの胸はかなりでかい。そのため彼女のデザインを見た吉田伸は「ただおっぱいが描きたかっただけじゃないか!」と机をひっくり返している。
あと切り札のアンチホープもOCG版はクソカードと化している。

関連タグ

遊戯王ZEXAL 漫画版ZEXAL ドン・サウザンド 全ての元凶
九十九遊馬 神代凌牙 天城カイト 八雲興司

pixivに投稿された作品 pixivで「e・ラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37583

コメント