ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ていぼう部とは、物語の主な舞台となる漁村に存在する海野高等学校の部活である。

活動内容

ずばり、釣りをするための部である。
「釣ったら食べる」がモットーだが、若魚と外道はリリース対象。「釣ったら」はゲットしたらという意味のようだ。ただし、やむなく死なせてしまった場合、食べられる魚ならちゃんと食べて供養する。
調理は基本的に釣り上げた者が行うが、現在はもっとも調理の上手い大野真(後述)が殆どの作業をする事が多い。

主な釣り場は部名の通り部室近くの堤防だが、近所の川や砂浜、堤防の対岸に見える離島、伍島列島など意外と幅広い。

ほかには干潮時に海岸のゴミ拾いも行い美化活動をしているが、廃品のリサイクルという目的もある。この際、取得物は一度遺失物として警察に届けており、保管期間経過後に正式に権利を取得している。

部費のやりくりは厳しく、夏場は空ペットボトルに自家製の麦茶を入れて飲み、上記のリサイクル品を修理してフリーマーケットで売ったりそのまま再利用したりしている。

遠征時には部員のバイト代で活動費を補っている。

歴史

伝統のある部活のようで、学校創立時から存在するとも言われている。
海野高校OB曰く、代々変わり者が多い部活のようだ。

設備と装備

校舎からだいぶ離れたところに存在するプレハブ小屋が部室。釣具と調理器具を筆頭に冷蔵庫のほか、ロッカー、ソファとテーブルと二脚のパイプ椅子、やかんと湯呑みなどがある。
電気と水道は通っているがガスはなく、火を使う時はカセットボンベ式コンロを使用している。

また、壁には歴代部員の魚拓が貼られている。

ほかに特筆すべき装備として「海王丸」というリヤカーがあり、これは近くの漁師から譲り受けたもの。歴代部員によって手が加えられ、竿が取り付けられるようになっている。

また、顧問の厚意で保健室に一部の釣具を置かせてもらっている。

はかには、腰に装着するタイプのライフジャケットも人数分存在する。

部員と顧問

現在の部員は4名。

黒岩悠希(部長)
大野真
帆高夏海
鶴木陽渚

顧問は養護教諭である小谷さやかが務めている。

関連タグ

放課後ていぼう日誌

関連記事

親記事

放課後ていぼう日誌 ほうかごていぼうにっし

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ていぼう部」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37

コメント