ピクシブ百科事典

はずかし娘

はずかしむすめ

はずかし娘とはロールプレイングゲーム『イデアの日』に登場する敵キャラである。
目次[非表示]

曖昧さ回避

概要

りんこが囚われている、フクシマ西にある湖の島の塔に出現する、
どうみても恥ずかしさのあまり赤面している下着姿三つ編み少女で、
両手で胸を隠し悲鳴を上げている。
(攻略本では「なぜその格好でいる」とツッこまれている)

恥ずかしさが頂点に達すると
顔から炎を吹き出し攻撃してくる。

また叫び声のような音を出して、
パーティー全員をショック状態(行動不能)にする特殊攻撃も持っている。
おそらく下着姿を見た主人公たちに対して
こっちに来ないで!」とか「変態!」とかそんな具合の事を言っているものと思われる。
戦闘が長引くと逃走することもあるが、他の逃走する敵と何故かSEが違うという特徴がある。

感情が昂ぶると爆発的な能力を発揮するという、
主人公の力を敵組織なりに再現した敵である可能性もある。

なお、出現ダンジョンのボス女子高生を拷問にかけ
おしっこもらすのを見ようとする性癖を持つが、
彼女たちが出現するのに関係があるのかは不明である。

上位種

ラストダンジョンに登場する「しっと女」は嫉妬の怒りによる全体攻撃を仕掛けてくるが、姿は嫉妬のあまり服を破いている蛇女で、相原コージ氏の描く嫉妬に狂う歪んだ顔が恐ろしい。

関連タグ

イデアの日 相原コージ
下着 三つ編み 赤面 恥じらい はいてない ラッキースケベ
敵女 女ザコ

関連記事

親記事

イデアの日 でいおぶじいであ

兄弟記事

コメント