ピクシブ百科事典

ひびしら

ひびしら

ひびしらとは、『戦姫絶唱シンフォギアG』・『戦姫絶唱シンフォギアGX』に登場する立花響と月読調のカップリングである。
目次[非表示]

概要

立花響と月読調のカップリング。
ファーストコンタクトは2期2話。響が調達を説得しようとするも調は響を偽善者と痛罵し、そのまま戦闘に突入してしまう。しかし全編を通しての響の行動、2期11話の会話とフロンティア突入(突入時2人乗りもしている)・2期12話の内に眠るフィーネとの邂逅により心を開いていく。

3期では調が治療中の響に対して「助けたい人」と認識していたり、偽善者と言ってしまったことを謝りたいと言っていたり、泣いている響を心配した際に「関係ないからッ!」と突っぱねられたが力になろうとしたりと、かなり好意的である。

3期12話で響に偽善者と呼んでしまった事を謝った。しかもそれが死を覚悟した瞬間の最後の一言というのが非常に燃える展開である。

キャラソン

キャラソンにおいて調は響について結構がっつり歌っている。
2期調のキャラソン『PRACTICE MODE』より
 1番   初期化した感情をハックする偽善者たち
 2番   冷たい手握っては「大丈夫」繰り返す 真っ直ぐなその眼には何が見えてる?
 2番サビ 初めて今Smiling Smiling

これは1番がファーストコンタクト、2番が2期11話における響との会話、フロンティア突入時と合わせていると思われる。ラスサビでは、無くしたプログラムを「愛」と打ち変える、とまで歌っている

3期キャラソン『ジェノサイドソウ・ヘヴン』・『SENSE OF DISTANCE』は共に全体的に暁切歌への曲と思われるが、『PRACTICE MODE』をイメージさせる歌詞となっており、
 
 「偽善」ではなく「正義」(響のキャラソンの一つは正義を信じて、握り締めて 通称・正義)

といった響を連想させるワードが散りばめられていてる。また『SENSE OF DISTANCE』は見方によっては本格的に響への曲としても成り立つため、もし『PRACTICE MODE』の続きだとすればかなりのガチソングである。

お互いのことは「調ちゃん」「響さん」と呼んでいる。

2人ともひびみくきりしらとシンフォギアでも1,2を争うレベルのカプを持っている上に、関係性は調の片思いに近いためメジャーにはなり辛いが、一定層の支持者は間違いなく存在しているカップリングである。


関連イラスト

ひびしらちゃん

 

そんな素直になれない調がとっても可愛いデースッ!(A.Kさん談)


関連タグ

戦姫絶唱シンフォギアG  戦姫絶唱シンフォギアGX
立花響  月読調 
百合

pixivに投稿された作品 pixivで「ひびしら」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41294

コメント