ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

マリつば

16

まりつば

マリつばとは「戦姫絶唱シンフォギアG」の登場人物マリア・カデンツァヴナ・イヴと風鳴翼のカップリングタグ。

概要

マリア・カデンツァヴナ・イヴ風鳴翼のカップリング。

マリアの初登場した『G』では敵対関係だったこともあってか、1つ後の作品である、『GX』に入ってから本領を発揮したカップリングである。


お互い装者では年長者であることからか、年下の面倒を見ていることやトップアーティストであること、長身の持ち主など共通点も多い。

加えて翼がシンフォギアを纏う防人であることを意識しているのか、マリアもまた時代がかった日本語で彼女と言葉を交えている。

本質的な部分では似てるのではないかと翼が考えたこともある。


一方で、翼の振る舞いは素であることが多いが、マリアの行動は自分を奮い立たせたり、演技であったりと必ずしも素でないこともある。

体型についても長身ではあることは共通するが、マリアは装者の中でもグラマーではあるが翼はスレンダーであり、対照的である(なお、身長3サイズ共にマリアの方が全て大きい)。


G以降の翼はある程度落ち着いたキャラであるものの、マリア自体はフィーネを演じていたことや本心を押し殺していたこと、罪の意識もあって、キャラの振り幅が大きく(マリア・カデンツァヴナ・イヴたやマを参照)、そのため同じカップリングでも時期や作者によって内容が大きく異なる。


全てがそうであるとは言えないが、G序盤は互いに強気な二人、G中盤以降は頼れる翼と弱気なマリア、GX以降は翼に対して姉や母親のようなマリアなどが増えた様子。


また、翼のGLカップリング相手で翼より年上なのは故人である天羽奏を除けば唯一の相手である。


つばマリとの表記も見られる。

pixiv上ではそちらの方が多いものの、ネット上ではきりしらしらきりほどの差がないと思われ、また、百合でのカップリング名は攻め受けよりは語感を意識する傾向があるために特段使い分けられている訳でもないので、検索の際は併用するといいだろう。


戦姫絶唱シンフォギアG

お互いに『特異災害対策機動部二課』と武装組織『フィーネ』に属する身であり、敵対する立場にあるものの、『フィーネ』の宣戦布告前までは日・米のトップアーティストという立場にあり、ライバルとして意識している間柄であった。

マリアが天羽奏と同じガングニールのシンフォギアを纏っていることからも、翼が彼女のことを気にかけていたのは間違いないが、2人が最初に刃を交えた際に翼が発した「話はベッドで聞かせてもらうッ!」の一言が物議を醸している。

続く第4話では潜水艦上での対決を演じ、苦戦するマリアが翼に対して「この剣、可愛くない……ッ!」という名言を残した。

しかしその後の『G』本編では終盤、つばクリ展開が強く押し出され、マリつばは隅に追いやられるのだが……。


戦姫絶唱シンフォギアGX

そして第3期、第1話。ファラ・スユーフに襲撃されたマリアの窮地に颯爽と参上する翼。「友の危難を前にして、鞘走らずにいられようかッ!」という口上に、マリつば派の視聴者はにわかに色めき立った。

続く第2話でも「その場から離脱するべく強引に翼の腕を引っ張るマリアと、突然に腕を掴まれて動揺・赤面する翼」が描かれる。そのままマリアは「悪いが翼は好きにさせてもらうッ!」と告げて翼を連れ去ってしまい、更には敵を前にして「防人の剣は可愛くないと、友が語って聞かせてくれた……ッ!」「こ、こんなところで言うことかッ!?」と2人でのろけ始めるなど、公式で不足していたマリつば成分が大量に供給されたのであった。

第9話では、オートスコアラーの襲撃予測地点が2つに分かれていることから、装者達も2つのグループに分けて対応することに。この班分けと襲撃予測地点の組み合わせにより、風鳴家のお父さんの元へ2人きりでご挨拶に行くという、奇跡的な光景が実現した(緒川さんもついていたが)。その後もマリアが翼がかつて使っていた部屋に通されるなど、話のメインとまではいかずとも、濃厚なマリつば成分がぶち込まれたエピソードとなっている。

第12話でF.I.S.組がチフォージュ・シャトーと心中する覚悟を決めた時には、マリアは翼に向けて語りかけており、「次に一緒に歌う機会があったら、朝まで歌い明かしてみたい」と発言していた。

第13話ではある意味残酷な合体攻撃を披露。戦後翼がイギリスに戻る際には、マリアが偶然と主張しながらも待ち構えていたのだが、「たまさか……ね」と苦笑されてしまい、「やっぱりこの剣、可愛くないッ!」と締めくくっている。ちなみにこの時の翼の語調は、天羽奏が存命だった頃のように、柔らかく女性的なものになっていた。

戦姫絶唱シンフォギアAXZ

1話で風鳴八紘の特命を受けて魔法少女事変の裏を探っていたマリアだが翼は知らされてなかったからてっきり寂しくて英国についてきたと思ってたそうだがマリアはだからそんなわけないでしょ!と惚気っぷりを見せたそれ以降大した絡みは見られなかったが最終回の響の誕生日の際翼は1人片付けるとしよう!と意気込んでたがクリスにいやー先輩と茶化されてムキになった翼に対しマリアは喧嘩しないのはい❤とトマトを翼の口に入れてたやマっぷりを見せつけた

戦姫絶唱シンフォギアXV

そして第2話 第1話での南極任務の後その際に回収された棺に収められた星鎧の護衛任務のことで数日後に控えられてた翼の凱旋ライブの練習をしていた翼は練習に身が入らない状態であった。

任務の合間を塗って緒川と共に見ていたマリアはステージだってあなたの戦場でしょと檄を飛ばしたその際翼はマリアに一緒にライブをしないかと誘ったしかしマリアは別任務を受けてた+ライブ本番までの時間がたった3日しかないというのもあり無理よと断りを入れたが翼はGX12話でマリアが言ったいつか翼と朝まで歌い明かしたいと言ったでは無いかと言い私は歌は好きだマリアはどうだ?と言いそして始まったライブ本番サプライズゲストとしてマリアはステージに立ちをAngelic Remnantを歌った。マリアは楽しいという気持ちをフロンティア事変の事後解決の際の司法操作と特別保護観察の名目で枷がつけられててソロでのライブでも満足に歌うことも出来なかったためか、翼との久しぶりのステージを楽しんでいたのもつかの間ミラアルクによるアルカノイズの襲撃を受ける。ミラアルクによる挑発を受け更には目の前で子供が殺され怒り心頭となり周りが見えずミラアルクに向けて逃げ遅れた一般人がいるにもかかわらずもはやミラアルクにしか眼中がないとでも言わんがばかりに衝撃波を振りかざしてる翼をマリアが静止しここにはまだ逃げ遅れた人達がいるのよと止めるが、

ミラアルクにとどめの一撃をされ響達の救援も虚しく会場は全滅し無印1話のツヴァイウィングの事件の再来となってしまった。続く5話では翼が響と共にアルカノイズとの戦闘してる裏で司令達とともに査察の中止を行い戦闘管制が友里達に変わった後響と翼の戦闘をモニターで見てた時翼の異変に同伴してた響と同じく私生活や戦闘でもよくコンビを組んでるマリアは翼の異変に気づいていた 続く6話では仲間に噛み付いてる状態の翼を咎めるマリア5話での戦闘でもかなりおかしいと思ってどうしたのと翼の元へ行き手を取ろうとするマリアだが翼はその手を払い除けてしまいマリアは話はまだ終わってないと静止したが虚しくもその声は届かず、翼はそのまま食堂を去ってしまった。雰囲気的にもさらに沈んでいた調達に翼自身もわかってると思うからこれ以上は翼のことを責めないであげてとこの場を収めた。

第9話では風鳴宗家への強制捜査を行う際その際翼の殺害も致し方なしという八紘達からの指令を聞いた際家族を失って家族をより大切にしてるマリアはその指令に対して反論をしマリアはあくまで翼を取り戻すために司令達に同行したその後宗家に押し入った際アルカノイズと戦闘してる最中風鳴訃堂によって精神制御を受けた翼と激突。奇しくも状況が「G」の頃と逆になっていた。

風鳴訃堂の影響を受けてたからか護国のために神の力を欲しようとする翼に対して必死に説得を試みるマリアだが話を聞こうとしない翼に対してマリアは誰かを守ってないと自分を保っていられないみたいじゃないと正論を突きつけようやく反論した翼は攻撃の手を止めたその後マリアからビンタを受け、いつからあなたは誰かでは無く自分を守ろうとしたの!と言われてその愛あるビンタで翼に施された精神制御が解け翼はマリアに対して泣きながら本音を話し本来の10代の年相応の女性となりマリアから帰ろうと優しい声で手を差し伸べられたがまたしても風鳴訃堂の横入れが入りマリアは風鳴訃堂から攻撃を受け木に体をぶつけ気絶したマリアに寄り添う翼だが親不孝者と蔑む風鳴訃堂からの凶弾から身を呈して守った父からの言葉を受けて翼は立ち上がり風鳴訃堂との最終決戦へと望んだ

その後11話では10話でのノーブルレッドとの戦闘の際にノーブルレッドがテレポートジェムで月遺跡にワープしようとした際翼がテレポートジェムに突っ込もうとした際マリアも響達ともにテレポートジェムのワープ空間へと飛び込むが離れ離れになり気絶してた翼を起こしたマリアは未だ悩む翼に響が差し出した勇気に答える番だと言った。

翼は響から差し伸べられた勇気から逃れていたことにブツブツと言っている翼にデコピンをして不器用さんねと言い響達と合流しようと言った瞬間、

マリアのアガートラームが光りだしその光に導かれるかのように遺跡の最深部まで導かれて言った。

アガートラームの光に導かれるかのように翼と共に月遺跡の拠点と思わしき場所そこはかつてフロンティア事変でマムが月遺跡を操作した場所と酷似していた。

そこにあった先史文明期の通信端末に残されていたカストディアンの1人エンキと出会いマリア達にバラルの呪詛とシェムハの正体を話したそのことをマリア達が本部に報告してる中ミラアルクによる襲撃を受け戦闘になって2対1が不利と感じたミラアルクはシェムハによって強化された力で分身を作り一気にマリア達を追い詰めた。意気消沈と化していた翼だったがマリアは思い出せ私たちが初めて歌を!と初めてマリアと出会って歌ったあの日を思い出した翼はマリアの言葉によって1度絶望のどん底までへし折られた翼を再び世界へ防人として歌手として自らの翼で飛び立つ決意を固めマリアもG1話と同じく見せてもらうわよ翼戦場に冴える剥き身の貴女を!と鼓舞し不死鳥のフランメを歌い2人はアマルガムを起動させ翼の中に再び燃え盛った情熱の炎をマリアと共にミラアルクへとぶつけ翼は再び飛び立つことが出来たマリアと共に。

共振・共鳴するダインスレイフの欠片が焼却されてしまった現状、引き上げられたユニゾンの成功確度は、元のレベルにまで低減してしまっている。


それでもマリアは、月面に開帳された土壇場にて、いまだ消沈を引き摺る翼に復活のユニゾンを持ちかける。


確証はない。


勝算もない。


だが、ふたりを繋いだ歌の想い出が、聖遺物の欠片などに劣るはずもなかった。


共通した心象に共振・共鳴したシンフォギアからは、かつて開催された音楽フェス「QUEENS of MUSIC」にて翼とマリアが初めて揃って歌唱した楽曲が奏でられるのであった。(公式サイトより抜粋)

戦姫絶唱シンフォギアXD

片翼の奏者では、奏とどう関わればいいか葛藤している翼と奏の仲介役に入って二人の仲を取り持っており、水着イベントでは、根っからの仕事人間である翼とここのところ仕事ばっかりで休みが無くてボヤいてるマリアのコントが見られる。

マリアがメインのクエストである「裏切りの独奏曲」では、かつての友であるジャンヌとジャンヌの持つアルゴスの眼の力によってS.O.N.Gを人質状態にされやむを得ずS.O.N.Gを攻撃する事態になったが、ずっとタッグを組んでる翼はマリアの太刀筋から何かが起きてると悟った。ヘルメスとのデュオレリックで大ボスであるアルゴスを倒した後、アルゴスからみんなを護るためとはいえ、S.O.N.Gに敵対したことに罪悪感を持ってたマリアは八紘の現場判断によってS.O.N.Gを護るために敵対したと上層部に伝えたことで装者剥奪の権利を回避され、罪悪感に囚われていたマリアの手を翼は取り、仲間たちと共にこれからも歌い続けると誓った。その後のボーナスストーリーで諜報員の癖が抜けないのを悩んでるマリアをよそに翼何をしてもマリアはマリアだろとさらっと言い退けている。

メモリアストーリーでは、翼が特集された雑誌の内容で弄ったり休日に近くで故障したバスを一緒に直している。マネージャーの緒川が響達に翼のオーバーワークを心配した際には、2人で露天風呂に入っている。

このカップリングでのキャラクターソング

不死鳥のフランメ

CDは2013年7月17日発売。第2期第1話のライブシーンでの楽曲。後に第5期第11話の戦闘曲としても使用。

星天ギャラクシィクロス

CDは2015年7月8日発売。第3期第1話のライブシーンでの楽曲。

Angelic Remnant

CDは2019年10月2日発売のBlu-ray/DVDの初回封入特典。第5期第2話のライブシーンでの楽曲。


関連イラスト


関連項目

戦姫絶唱シンフォギアG 戦姫絶唱シンフォギアGX

戦姫絶唱シンフォギアAXZ 戦姫絶唱シンフォギアXV

戦姫絶唱シンフォギアXD


風鳴翼 マリア・カデンツァヴナ・イヴ

胸囲の格差社会

概要

マリア・カデンツァヴナ・イヴ風鳴翼のカップリング。

マリアの初登場した『G』では敵対関係だったこともあってか、1つ後の作品である、『GX』に入ってから本領を発揮したカップリングである。


お互い装者では年長者であることからか、年下の面倒を見ていることやトップアーティストであること、長身の持ち主など共通点も多い。

加えて翼がシンフォギアを纏う防人であることを意識しているのか、マリアもまた時代がかった日本語で彼女と言葉を交えている。

本質的な部分では似てるのではないかと翼が考えたこともある。


一方で、翼の振る舞いは素であることが多いが、マリアの行動は自分を奮い立たせたり、演技であったりと必ずしも素でないこともある。

体型についても長身ではあることは共通するが、マリアは装者の中でもグラマーではあるが翼はスレンダーであり、対照的である(なお、身長3サイズ共にマリアの方が全て大きい)。


G以降の翼はある程度落ち着いたキャラであるものの、マリア自体はフィーネを演じていたことや本心を押し殺していたこと、罪の意識もあって、キャラの振り幅が大きく(マリア・カデンツァヴナ・イヴたやマを参照)、そのため同じカップリングでも時期や作者によって内容が大きく異なる。


全てがそうであるとは言えないが、G序盤は互いに強気な二人、G中盤以降は頼れる翼と弱気なマリア、GX以降は翼に対して姉や母親のようなマリアなどが増えた様子。


また、翼のGLカップリング相手で翼より年上なのは故人である天羽奏を除けば唯一の相手である。


つばマリとの表記も見られる。

pixiv上ではそちらの方が多いものの、ネット上ではきりしらしらきりほどの差がないと思われ、また、百合でのカップリング名は攻め受けよりは語感を意識する傾向があるために特段使い分けられている訳でもないので、検索の際は併用するといいだろう。


戦姫絶唱シンフォギアG

お互いに『特異災害対策機動部二課』と武装組織『フィーネ』に属する身であり、敵対する立場にあるものの、『フィーネ』の宣戦布告前までは日・米のトップアーティストという立場にあり、ライバルとして意識している間柄であった。

マリアが天羽奏と同じガングニールのシンフォギアを纏っていることからも、翼が彼女のことを気にかけていたのは間違いないが、2人が最初に刃を交えた際に翼が発した「話はベッドで聞かせてもらうッ!」の一言が物議を醸している。

続く第4話では潜水艦上での対決を演じ、苦戦するマリアが翼に対して「この剣、可愛くない……ッ!」という名言を残した。

しかしその後の『G』本編では終盤、つばクリ展開が強く押し出され、マリつばは隅に追いやられるのだが……。


戦姫絶唱シンフォギアGX

そして第3期、第1話。ファラ・スユーフに襲撃されたマリアの窮地に颯爽と参上する翼。「友の危難を前にして、鞘走らずにいられようかッ!」という口上に、マリつば派の視聴者はにわかに色めき立った。

続く第2話でも「その場から離脱するべく強引に翼の腕を引っ張るマリアと、突然に腕を掴まれて動揺・赤面する翼」が描かれる。そのままマリアは「悪いが翼は好きにさせてもらうッ!」と告げて翼を連れ去ってしまい、更には敵を前にして「防人の剣は可愛くないと、友が語って聞かせてくれた……ッ!」「こ、こんなところで言うことかッ!?」と2人でのろけ始めるなど、公式で不足していたマリつば成分が大量に供給されたのであった。

第9話では、オートスコアラーの襲撃予測地点が2つに分かれていることから、装者達も2つのグループに分けて対応することに。この班分けと襲撃予測地点の組み合わせにより、風鳴家のお父さんの元へ2人きりでご挨拶に行くという、奇跡的な光景が実現した(緒川さんもついていたが)。その後もマリアが翼がかつて使っていた部屋に通されるなど、話のメインとまではいかずとも、濃厚なマリつば成分がぶち込まれたエピソードとなっている。

第12話でF.I.S.組がチフォージュ・シャトーと心中する覚悟を決めた時には、マリアは翼に向けて語りかけており、「次に一緒に歌う機会があったら、朝まで歌い明かしてみたい」と発言していた。

第13話ではある意味残酷な合体攻撃を披露。戦後翼がイギリスに戻る際には、マリアが偶然と主張しながらも待ち構えていたのだが、「たまさか……ね」と苦笑されてしまい、「やっぱりこの剣、可愛くないッ!」と締めくくっている。ちなみにこの時の翼の語調は、天羽奏が存命だった頃のように、柔らかく女性的なものになっていた。

戦姫絶唱シンフォギアAXZ

1話で風鳴八紘の特命を受けて魔法少女事変の裏を探っていたマリアだが翼は知らされてなかったからてっきり寂しくて英国についてきたと思ってたそうだがマリアはだからそんなわけないでしょ!と惚気っぷりを見せたそれ以降大した絡みは見られなかったが最終回の響の誕生日の際翼は1人片付けるとしよう!と意気込んでたがクリスにいやー先輩と茶化されてムキになった翼に対しマリアは喧嘩しないのはい❤とトマトを翼の口に入れてたやマっぷりを見せつけた

戦姫絶唱シンフォギアXV

そして第2話 第1話での南極任務の後その際に回収された棺に収められた星鎧の護衛任務のことで数日後に控えられてた翼の凱旋ライブの練習をしていた翼は練習に身が入らない状態であった。

任務の合間を塗って緒川と共に見ていたマリアはステージだってあなたの戦場でしょと檄を飛ばしたその際翼はマリアに一緒にライブをしないかと誘ったしかしマリアは別任務を受けてた+ライブ本番までの時間がたった3日しかないというのもあり無理よと断りを入れたが翼はGX12話でマリアが言ったいつか翼と朝まで歌い明かしたいと言ったでは無いかと言い私は歌は好きだマリアはどうだ?と言いそして始まったライブ本番サプライズゲストとしてマリアはステージに立ちをAngelic Remnantを歌った。マリアは楽しいという気持ちをフロンティア事変の事後解決の際の司法操作と特別保護観察の名目で枷がつけられててソロでのライブでも満足に歌うことも出来なかったためか、翼との久しぶりのステージを楽しんでいたのもつかの間ミラアルクによるアルカノイズの襲撃を受ける。ミラアルクによる挑発を受け更には目の前で子供が殺され怒り心頭となり周りが見えずミラアルクに向けて逃げ遅れた一般人がいるにもかかわらずもはやミラアルクにしか眼中がないとでも言わんがばかりに衝撃波を振りかざしてる翼をマリアが静止しここにはまだ逃げ遅れた人達がいるのよと止めるが、

ミラアルクにとどめの一撃をされ響達の救援も虚しく会場は全滅し無印1話のツヴァイウィングの事件の再来となってしまった。続く5話では翼が響と共にアルカノイズとの戦闘してる裏で司令達とともに査察の中止を行い戦闘管制が友里達に変わった後響と翼の戦闘をモニターで見てた時翼の異変に同伴してた響と同じく私生活や戦闘でもよくコンビを組んでるマリアは翼の異変に気づいていた 続く6話では仲間に噛み付いてる状態の翼を咎めるマリア5話での戦闘でもかなりおかしいと思ってどうしたのと翼の元へ行き手を取ろうとするマリアだが翼はその手を払い除けてしまいマリアは話はまだ終わってないと静止したが虚しくもその声は届かず、翼はそのまま食堂を去ってしまった。雰囲気的にもさらに沈んでいた調達に翼自身もわかってると思うからこれ以上は翼のことを責めないであげてとこの場を収めた。

第9話では風鳴宗家への強制捜査を行う際その際翼の殺害も致し方なしという八紘達からの指令を聞いた際家族を失って家族をより大切にしてるマリアはその指令に対して反論をしマリアはあくまで翼を取り戻すために司令達に同行したその後宗家に押し入った際アルカノイズと戦闘してる最中風鳴訃堂によって精神制御を受けた翼と激突。奇しくも状況が「G」の頃と逆になっていた。

風鳴訃堂の影響を受けてたからか護国のために神の力を欲しようとする翼に対して必死に説得を試みるマリアだが話を聞こうとしない翼に対してマリアは誰かを守ってないと自分を保っていられないみたいじゃないと正論を突きつけようやく反論した翼は攻撃の手を止めたその後マリアからビンタを受け、いつからあなたは誰かでは無く自分を守ろうとしたの!と言われてその愛あるビンタで翼に施された精神制御が解け翼はマリアに対して泣きながら本音を話し本来の10代の年相応の女性となりマリアから帰ろうと優しい声で手を差し伸べられたがまたしても風鳴訃堂の横入れが入りマリアは風鳴訃堂から攻撃を受け木に体をぶつけ気絶したマリアに寄り添う翼だが親不孝者と蔑む風鳴訃堂からの凶弾から身を呈して守った父からの言葉を受けて翼は立ち上がり風鳴訃堂との最終決戦へと望んだ

その後11話では10話でのノーブルレッドとの戦闘の際にノーブルレッドがテレポートジェムで月遺跡にワープしようとした際翼がテレポートジェムに突っ込もうとした際マリアも響達ともにテレポートジェムのワープ空間へと飛び込むが離れ離れになり気絶してた翼を起こしたマリアは未だ悩む翼に響が差し出した勇気に答える番だと言った。

翼は響から差し伸べられた勇気から逃れていたことにブツブツと言っている翼にデコピンをして不器用さんねと言い響達と合流しようと言った瞬間、

マリアのアガートラームが光りだしその光に導かれるかのように遺跡の最深部まで導かれて言った。

アガートラームの光に導かれるかのように翼と共に月遺跡の拠点と思わしき場所そこはかつてフロンティア事変でマムが月遺跡を操作した場所と酷似していた。

そこにあった先史文明期の通信端末に残されていたカストディアンの1人エンキと出会いマリア達にバラルの呪詛とシェムハの正体を話したそのことをマリア達が本部に報告してる中ミラアルクによる襲撃を受け戦闘になって2対1が不利と感じたミラアルクはシェムハによって強化された力で分身を作り一気にマリア達を追い詰めた。意気消沈と化していた翼だったがマリアは思い出せ私たちが初めて歌を!と初めてマリアと出会って歌ったあの日を思い出した翼はマリアの言葉によって1度絶望のどん底までへし折られた翼を再び世界へ防人として歌手として自らの翼で飛び立つ決意を固めマリアもG1話と同じく見せてもらうわよ翼戦場に冴える剥き身の貴女を!と鼓舞し不死鳥のフランメを歌い2人はアマルガムを起動させ翼の中に再び燃え盛った情熱の炎をマリアと共にミラアルクへとぶつけ翼は再び飛び立つことが出来たマリアと共に。

共振・共鳴するダインスレイフの欠片が焼却されてしまった現状、引き上げられたユニゾンの成功確度は、元のレベルにまで低減してしまっている。


それでもマリアは、月面に開帳された土壇場にて、いまだ消沈を引き摺る翼に復活のユニゾンを持ちかける。


確証はない。


勝算もない。


だが、ふたりを繋いだ歌の想い出が、聖遺物の欠片などに劣るはずもなかった。


共通した心象に共振・共鳴したシンフォギアからは、かつて開催された音楽フェス「QUEENS of MUSIC」にて翼とマリアが初めて揃って歌唱した楽曲が奏でられるのであった。(公式サイトより抜粋)

戦姫絶唱シンフォギアXD

片翼の奏者では、奏とどう関わればいいか葛藤している翼と奏の仲介役に入って二人の仲を取り持っており、水着イベントでは、根っからの仕事人間である翼とここのところ仕事ばっかりで休みが無くてボヤいてるマリアのコントが見られる。

マリアがメインのクエストである「裏切りの独奏曲」では、かつての友であるジャンヌとジャンヌの持つアルゴスの眼の力によってS.O.N.Gを人質状態にされやむを得ずS.O.N.Gを攻撃する事態になったが、ずっとタッグを組んでる翼はマリアの太刀筋から何かが起きてると悟った。ヘルメスとのデュオレリックで大ボスであるアルゴスを倒した後、アルゴスからみんなを護るためとはいえ、S.O.N.Gに敵対したことに罪悪感を持ってたマリアは八紘の現場判断によってS.O.N.Gを護るために敵対したと上層部に伝えたことで装者剥奪の権利を回避され、罪悪感に囚われていたマリアの手を翼は取り、仲間たちと共にこれからも歌い続けると誓った。その後のボーナスストーリーで諜報員の癖が抜けないのを悩んでるマリアをよそに翼何をしてもマリアはマリアだろとさらっと言い退けている。

メモリアストーリーでは、翼が特集された雑誌の内容で弄ったり休日に近くで故障したバスを一緒に直している。マネージャーの緒川が響達に翼のオーバーワークを心配した際には、2人で露天風呂に入っている。

このカップリングでのキャラクターソング

不死鳥のフランメ

CDは2013年7月17日発売。第2期第1話のライブシーンでの楽曲。後に第5期第11話の戦闘曲としても使用。

星天ギャラクシィクロス

CDは2015年7月8日発売。第3期第1話のライブシーンでの楽曲。

Angelic Remnant

CDは2019年10月2日発売のBlu-ray/DVDの初回封入特典。第5期第2話のライブシーンでの楽曲。


関連イラスト


コメント

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • どちらが良い?

    翼さんとマリアさんの日常。会話のみ。最近雨が多くて、なかなか外へ出かけられない二人。ただ、トレーニングは別みたいです。ということで、二人がお互いを誘ってみたら…。譲らない者同士、どう決着がついたのか…。  *本編と設定は異なります。ご了承下さい。
  • 【続】possessive【つばマリ←クリ】

    えっちぃ部分は抜きにしてみました、後日書くかも 都合が良すぎると思いますが、あくまで妄想なので許してくれる方向けです クリスちゃんは可愛くて優しくていい子だと思ってます。
  • どなたのチョイス?

    翼さんとマリアさんの日常 会話のみ ノリです! 夏です! すみません! *本編と設定は異なります。
  • 想い、思わず?!

    翼さんとマリアさんの日常。会話のみ。新曲の歌詞を手掛けることになった翼さん。ドキドキ?しながら作ります。さて、どうなるのでしょう。 *本編と設定は異なります。ご了承下さい。
  • 雨と想いと

    翼さんとマリアさんの日常 会話のみ 外を眺めている翼さん。 空と、想い。 よく?例えられますね。 言葉は少ないけど、お互いの距離感が分かる…。 そんな二人、になってるといいなあ~。 *本編と設定は異なります。 ご了承ください。
  • 想いと今と、夢の記憶

    翼さんとマリアさんのお話 マリアさん視点 ホテルで気を失ってしまったマリアさん。 起きた後、翼さんとお話しして、想いを辿ります。 少し前の『運命も 過去も 記憶も』の続きです。 途中で切れなかったので、ちょっといつもより長めです。 ちょっと血が入ります。 苦手な方は「戻る」をどうぞ。
    10,042文字pixiv小説作品
  • 無邪気と背伸び

    翼さんとマリアさんのお話し。 前回の「瞳閉じ、粛なりて」の続きです。 今回短いです。 悪しからず…。
  • 気持ち

    前回に投稿した好きですの続きです。 果たしてマリアはどのような判断をするのか?https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=18903227 前作です
  • シンフォギア

    【マリつば】アルコールと甘み【甘々】

    Twitterで募集したアンケのマリつば甘々小説になります 相変わらず何が書きたいのか分からないけど楽しんでいただけたら幸いです マリつば増えろください
  • 翼さんとマリアさん詰め合わせ。2

    本気で「ヤマもオチもない」とっても短いお話が今回は4本。甘さすら無かったのであんまりだと思い最後のはちょっと肌色多目にしてみた。が、Twitterで見かけたネタをお借りしたので怒られたら消す。前回同様、個人的にはこういうの好きみたいな主張(故に似たようなネタ)なのであしからず。にも関わらずいっぱい反応くださり有難うございましたっ、前回(礼) ウチのつばマリ別に付き合ってないけど好き合ってる(ぇ
  • 【絶唱ステージ6】私のこと 好き じゃないの?【試し読み】

    絶唱ステージ6の新刊の試し読みです。 今回はつばマリ本を出します! 表紙はサモ子さんです→https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=67806753
  • 瞳閉じ、粛なりて

    翼さんとマリアさんのお話し。 翼さん視点。 「想いと今と、夢の記憶」の続きです。 ホテルへ移動するところへお話は少し戻ります。 マリアさんと緒川さんの会話が多いです。 寝ているふりをしている翼さん。 さて、どうなりますか…。 *本編と設定は異なります。
    10,991文字pixiv小説作品
  • 無題

    アーティストと距離の近いファン。喋ってるだけ。
  • 時のイタズラ

    マリアさんと翼さんの日常の一コマ。 もしもこうだったら…? と思い、浮かんだままに書いてみました。 なので、時々文章訂正入ります。 途中急展開しますが…ご了承ください。 そして…タイトル…合っていない気がします…。 思いついたら変更します。 *11月13日:少し加筆訂正いたしました。
  • 防人の憧れ?

    翼さんとマリアさんの日常。 会話のみ。 ある事を思いついた翼さん。 一度や二度ではないようです。 マリアさんビックリ!
  • つばマリ(マリつば)短編集Ⅲ

    つばマリ(マリつば) ぷらいべったーにUPしていたもの+新作1作の短編3作詰め合わせです。 作品ごとにページ変えが入っていますのでキャプションから好みのものをお読みいただければと思います。 1作目【ちょっとしたお願い】 ・つばマリ  お風呂あがりの少しの幸せ 2作目【メイドな翼さん】 ・マリつば  翼さんはマリアさんのメイド姿は見たことないということで。むっつり翼さんとアダルティマリアさん? 3作目【嘘つきの代償】 ・つばマリ  エイプリルフールのお話。甘めだけどほんの少し影が入っています
  • short-short PART3

    小話詰め合わせ。CPごちゃ混ぜです。 ぷらいべったーに上げてたのをまとめました。 つばマリ、マリつばは恋人、同棲設定。 poco a poco(つばマリクリ)は、つばマリ←クリス気味のお話。 真夏のおやつ(クリマリつば)は、三人で付き合ってる設定です。
    14,789文字pixiv小説作品
  • 50/50

    本を読むようになったマリアさんと分かってて色々会話し続けてる翼さん Twitterのお題140文字で書くなんて到底無理なので数百文字ぐらい行ったろと思ったら1000文字越えてしまった時のss
  • 剣は墜ちた

    最近翼さんは、日常のコマだと可愛いすぎると思います。 そんな、翼さんが好きなマリアさんとかもいいですね。 そんな訳で、短いですがマリつばです。

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む
  2. 2

    まつお

    読む
  3. 3

    遊ハち

    読む

pixivision

カテゴリー