ピクシブ百科事典

びっくり熱血新記録

びっくりねっけつしんきろく

『びっくり熱血新記録』とは、1992年6月26日にテクノスジャパンから発売されたファミリーコンピュータ専用のゲームソフト及び1993年7月16日に同じくテクノスジャパンから発売されたゲームボーイ専用のソフトである。
目次[非表示]

概要

正式なタイトルは『びっくり熱血新記録! はるかなる金メダル』(ゲームボーイ版は『びっくり熱血新記録! どこでも金メダル』)。
1990年ファミリーコンピュータで発売された『ダウンタウン熱血行進曲』の続編で、5種類のスポーツ競技に挑戦して金メダルの数で競う形式になっている。
チームは前作の4チーム(メンバーは一人ずつ減って5人)に加えて、藤堂がアメリカから招聘したオクラホマハイスクールが加わる(ただしNPC専用であり、実質ボス扱い)。

登場種目

  • 400mハードル -実際の400mハードル走とは異なり、相手を妨害する事が可能な競技。
  • ハンマー投げゴルフ -ゴルフハンマー投げを合わせた競技で、ハンマーを投げた回数を競い合う。
  • 水中バトルロイヤル(ファミコン版のみ) -プールを舞台に1対1での戦いを行う競技。空気メーターが無くなるとおぼれて体力が減少してしまう。
  • カサ争奪高跳び込み(ゲームボーイ版のみ) -空中で1本だけある傘を奪い合う競技。一定の地点に到達した時点で傘を持っていると勝利となる。
  • ビル越え棒幅跳び -棒高跳び風にビルを飛び越えた数を競う競技。
  • はちゃめちゃ柔道 -実際の柔道とは異なり、柔道ではない技を使用可能な競技。

ゲームボーイ版での変更点

  • オープニングとエンディングでのキャラクターの会話時には顔グラフィックが表示されるようになった。
  • 一部選手の能力パラメーターが変更されるようになった。
  • ハンマー投げゴルフとビル越え棒幅跳びは3つのコースが用意されるようになった。
  • ファミコン版では金・銀・銅の3種類あったメダルが金メダルのみになった。
  • はちゃめちゃ柔道時に返し技を仕掛ける事が可能になった。
  • 裏技によりオクラホマハイスクールが使用可能になった。

関連タグ

くにおくん テクノスジャパン
熱血!すとりーとバスケット - この作品の後日譚として描かれた作品。

関連記事

親記事

くにおくん くにおくん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「びっくり熱血新記録」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1132

コメント