ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

その名の通り望遠鏡を模した正座。これとは別に『ハーシェルのぼうえんきょう座』という星座もかつて存在していた。

探しかた

いて座の近く、さそり座の尻尾の真下にあるので見当はつけやすいのだが、4等星程度の暗い星ばかりな上に地平線ギリギリの非常に低い位置にある。そのため沖縄地方でもなければ全体は見られない。
 
南半球であればさそり座よりもくじゃく座の2等星ピーコックが目印になるだろう。
 

ハーシェルのぼうえんきょう座

ハーシェルのぼうえんきょう座


18世紀の末に誕生した星座で、天王星赤外線を発見したイギリス(出身はドイツ)の学者「ウィリアム・ハーシェル」を称えて作られた。ハーシェルはニュートン式望遠鏡を使って天王星を発見したのだが、この星座は彼が発明した新型モデルをかたどっている。
 
ただし最初にこの星座を作った学者(マクシミリアン・ヘル)はハーシェル望遠鏡の実物を見たことがなかったらしく、ヘルの星図では望遠鏡というより鐘木のようなビジュアルで描かれている。そのためか、名前は「Telescopium Herschelii(ハーシェル式望遠鏡)」ではなく「Tubus Herschelii(ハーシェルの筒)」であった。
 
ついでにこの人は大小2つ作っており、当時天王星の発見されたおうし座の近くに「ハーシェルのぼうえんきょう座・小(Tubus Herschelii minor)」、ぎょしゃ座ふたご座の間辺りに「ハーシェルのぼうえんきょう座・大(Telescopium Herschel mojar)」が置かれたが、それから12年後の1801年に「ヨハン・ボーデ」という学者によって後者が採用。この時「Telescopium Herschelii」と改名&実物に合わせたデザイン(上のイラスト)で描かれることになった。
 
そんなハーシェルのぼうえんきょう座が現在残ってないのは、1922年の「星座を仕分ける会議」で落とされたから。
細かい理由はいろいろあるものの、人名つきの星座は基本的に「パトロン(スポンサー)ヘのお礼代わり」とか「功績の記念」といった個人的なものばっかりだったため、そんなのをいちいち認めてたらキリがないとして一斉にボツにしたのである(私情という意味ではねこ座、しぶんぎ座、アンティノウス座辺りが有名)。

関連タグ

星座

関連記事

親記事

星座 せいざ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ぼうえんきょう座」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 149

コメント