ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

まどラン

まどらん

アニメ『輪廻のラグランジェ』の登場人物、京乃まどかとフィン・エ・ルド・スイ・ラフィンティ(ラン)のカップリング。
目次 [非表示]

基本は、ランのまどかに対する過保護っぷりが目立ち、一方のまどかは、過保護なランを寛大な心で受け止めている。


各話ごとの絡み

一話からふれあいが多く、次回予告にてランまどかに、愛妻弁当を欲したりするなど注目される。

二話は、まどかを巻き込んだり、ウォクスの伝説について話してなかったりと、罪悪感に苛まれているシーンが多め。ランのちょっと、泣きそうな顔に気を許すシーンがあるなど、やはり、夫婦になる運命?

それよか、まどかがランにパイロットスーツを着せるシーンで、「手伝って」と言う台詞があったにもかかわらず、まどかの着替えを手伝うシーンをカットする製作スタッフがちょっと、よくわからない。

戦闘終了後に背中をくっつけて、中睦まじく話すシーンは必見?

三話には、ランがまどかのピンチを救うために恐怖を振り払いウォクス・リンファに搭乗してウォリア形態に変形し、まどかを助けたり、恋人繋ぎをしたりなど、二人の関係は縮まっていく。

四話には、ムギナミがまどかと同じ鴨川女子高に編入し、ジャージ部に入って仲良く接触し、さらには京乃家に居候するに至ったことに対抗意識を燃やすように、同様の編入・入部・居候のコンボを決め、本妻は私であると言わんばかりの行動を見せた。

五話では、ランが、まどかと己の間に入ってくるムギナミをやたら警戒する姿が印象的。

六話では、一緒にムギナミの敵討ちをするために、ランとまどかは一緒に基地に行ったり、待機している時間は一緒の部屋に入ったりと印象的。一緒にヴィラジュリオを「ぶっ倒す」決意を固めたり、まどかからの愛(鴨川エナジー)を過剰摂取しすぎて、ちょっと大変な状況になるランが印象的・・・

戦闘面でもまどかの援護をしたりなど、絆はより、深くなっていっている模様・・・ウォクスの不思議パワーから助けるために、オルカがみどりに抱きついたりなど。

七話・・・まどかのために一生懸命なランが印象的であるように思える。まどかを悲しませないで!など、まどかとムギナミが一緒にお風呂に入っているところ、気を遣って二人きりにさせてあげるなど、良い奥さんぶりが目立つ・・・

が、真骨頂は、まどか、ラン、ムギナミの三人が仲直りしたのちに、家族となった二人の前で・・・特に、まどかに見せつけるかのように、素っ裸になり「一緒にお風呂に入りたい!」と、大声で叫び、さらに、真実かどうかはわからないが、レ・ガリテでは家族になった人間は一緒に入らなければならないというほどに、まどかと一緒にお風呂に入りたいと主張する。その後は、大きなお風呂・・・にて三人で一緒に浸かる姿を見せるが、微笑ましい。


なんか、こう見ると・・・三人で結婚してもいいんじゃないかな。

いや、もう、三人で結婚しろ

してください。お願いします。


見事に、旦那を心配する奥様であったり、奥様を助ける旦那様な構図の百合夫婦でした。

ありがとうございました。


関連イラスト


関連タグ

輪廻のラグランジェ

京乃まどか フィン・エ・ルド・スイ・ラフィンティ ラン

百合 人外×人間

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 329277

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました